看護師としてキャリアアップしたい!

お給料が少なすぎる!

人間関係が最悪!

など、看護師が転職する理由はさまざま。

ではなぜに失敗するのか

考えてみましょう。

 

 

看護師の転職、失敗例から学ぶ点

看護師に限らず誰だって

転職するには今より良い条件で働きたい

と考えます。

 

ところが

「前の職場の方がよかった」

なんてことになることがあります。

そこで失敗例から

学ぶべき点を探っていきます。

 

看護師の転職失敗ケース1:真逆を求めるのは危険

総合病院でバリバリと

働いていた看護師Aさんが

「もっとプライベートの時間が欲しい」

「人間関係が楽しそうだから」

とクリニックへと転職しました。

 

しかし、面接時の説明になかった

朝の早出をして診察の準備をし、

掃除や院長の奥さんから私的な買い物まで

言いつけられる始末です。


看護師の転職失敗ケース2:収入ダウンを覚悟していたが…

看護師の収入において

夜勤手当は非常に大きなものです。

 

夜勤が辛いと転職したのに、

夜勤手当のないお給料での生活が

あまりのギャップに驚くんです。

 

「これなら多少辛くても
夜勤ありのままがよかった」

と転職したことを後悔してしまいます。


看護師の転職失敗ケース3:「残業なし」の甘いワナ

看護師の求人をみていると

「残業なし」

のワードを目にします。

 

まだまだ残業が多い職種なので

魅力的なキーワードなのでしょう。

 

ですが、実際は毎日30分程度の

サービス残業があるケースもあります。

 

「残業なし」の他に

「ブランクあり歓迎」

「有給取得消化率100%」

など、甘いことばだけを

信じるのはリスキーな行為といえます。


看護師の転職 失敗しないために

看護師の転職を失敗しないためには、

どのような点に

注意すればいいかをまとめました。

 

看護師が転職を失敗しない方法:情報収集


どんな職種であっても、

すべての転職活動において

「情報収集」は重要です。

いくら良い条件の求人があっても、

即決するのは考えものです。

 

看護師が転職を失敗しない方法:転職する条件を整理する


今の職場に不満が多いほど、

転職先に求める条件も多くなります。

 

あまりに希望条件が多かったり、

現実的でないものが

含まれていたりすると、

転職活動が

うまくいかなくなるおそれがあります。

 

希望条件に優先順位

つけるというのも効果的です。

 

看護師が転職を失敗しない方法:転職のエキスパートに頼る

いま現在、

看護師の転職サイトが増えています。

 

そういったサイトでは

面接日程の調整や入職日の交渉など

ハローワークにはないサポート

が受けられます。

 


また彼らエキスパートたちの

提供してくれる情報は、

ネットで検索するだけでは

得られないものが多いのも事実です。

 

エキスパートに頼るのも

一つの手立てですね。

 

ジョブデポ看護師の案内

ナースジョブ案内

マイナビ看護師案内