看護師が転職を考える時期は、

 

『結婚・出産などによるライフスタイルが変化した時』

『スキルアップを考えた時』

『人間関係に悩んだ時』

などさまざまです。

 

でも、実際に看護師が

転職をしようと思った時に、

「この時期に良い求人はあるかな?」

など悩むことも

多いのではないでしょうか。

 

ここでは

転職活動期間を3ヶ月

としてみていきたいと思います。

 
 

看護師が転職するベストな時期は意外と多い

看護師が転職を

考え始めるのにおすすめなのは、

1月、7月、8月、9月です。

 

求人がグッと増えるからです。

もっとくわしくみていきましょう。

 

おすすめ1月


冬のボーナスは12月に

支給されることが多いです。

 

そのためボーナスをもらってから

退職する看護師が多く、

病院は人手不足になり求人も増え、

よい病院を選びやすくなります。

 

入職は4月となり、

卒業したての新人看護師と一緒に、

研修などを受けることができます。

 

おすすめ7月


1月と同じです、

夏のボーナスをもらってから

退職する看護師が多いです。

 

それと夏季休暇をとり始めるのもあり、

人手不足を補うための

求人も増えます。

 

入職は10月で、

異動シーズンに重なり、

異動してきた看護師と一緒に

フォローが受けやすいです。

 

おすすめ8月


公務員看護師の求人募集がでます。

 

国立や県立病院への転職を

考えているなら、

この時期に転職活動を始めましょう。

 

おすすめ9月


9月は上半期最後の月のため

退職する看護師が多いです。

 

そして、夏のボーナス後に

退職した看護師の

補充求人も引き続いてあります。

 

看護師が転職するBadな時期は?


看護師が転職活動を始めるのに

悪い時期は、2月・3月です。

 

求人自体は増えますが、

活動期間を3ヶ月と考えると、

入職は5月になります。

 

普通、病院は

4月入職の人員で埋まっています。

 

この時期になっても

人員が確保できなかった求人や、

離職率の高い求人が

残っている可能性が高いです。

 

つまりブラックです。

 

すべてがそうだとはいいませんが、

この時期はおすすめできません。

 

どうでしたか、

せっかく転職するなら

今より良い環境に入りたいですよね。

そのためには充分なリサーチが大切です。

 

ジョブデポ看護師の案内

ナースジョブ案内

マイナビ看護師案内