看護師も日々重労働です。

 

転職を考えるきっかけはそれぞれですが、

いざ、転職をした時に

「失敗した」

と感じることも少なくはありません。

 

では、

どうして

看護師の転職が

失敗するのでしょうか。

 

ここでは、

その失敗の原因を詳しく

解説していますので、

最後までご覧いただけると幸いです。

 
 

看護師の転職が失敗した原因と回避するためのポイントは?

転職をしたのはいいけれど、

「こんなはずでは」

なんて思うこともありますよね。

 

特に面接などでは

いいように言われていたけど、

実際に働いてみると

 

 

 

「前の方が良かった」

「面接の時と話が違う」

「失敗した」

 

 

 

なんて後悔されたこともあるでしょう。

 


実際に、

失敗したと聞くことも多いんですよ。

 

失敗談を耳にすることで、

今、転職を考えられてる人には

不安でしか無いと思います。

 

せっかく転職をしたのに、

「失敗」

と思ってしまうのは

どうしてでしょうか。

 

面接や求職活動に時間なども

多くを割いたのにこれでは・・・

なんて思いますよね。

 

失敗したと感じる原因は

どこにあったのでしょうか?

失敗を回避する方法は

あるのでしょうか。

 

これを参考に転職を考えてる人へ

メッセージになればと思います。

 

転職失敗の理由はどこに?

転職失敗の理由として、

多いのが

「募集時の条件や契約と違う」

という理由が

転職失敗理由の上位を

占めているんです。

 


どこの職場にも

共通はしているのですが、

実際に働き始めたら

「聞いていた話とは違う」

ということが多いのが

現実にあります。

 

勤務時間であったり、

勤務希望などの優遇面など

さまざまな理由が挙げられるんです。

 

働いてみないと分からないことも

あると思いますが、

たくさんの方から

このような話はよく耳にします。

 

そうなると

「転職は失敗」

と感じてしまいます。

 
 

失敗の理由をいくつか挙げてみます。

・面接時の条件や契約内容と異なる
・人間関係に問題がある
・待遇面に問題がある
・院内の雰囲気や働く環境に問題がある

など、上位を占める理由としては

このような意見が

挙げられているんです。

 

この理由を見て、

皆さんはどのように

感じるのでしょうか。

 

転職をされた人も

思い当たる理由はあると思います。

 

では、これらのことを

回避するためには

どうするのがいいでしょう。

 

面接で提示された雇用条件などを

文章で残してもらうことが大切です。

 


また、

雇用契約書などと照らし合わせて、

不明点があるようなら、

すぐに問い合わせをして

明確にしておく事をお勧めします。

 

面接時の条件や契約内容と異なる

これについてですが、

5割以上の方が

「面接時の話や募集条件、雇用条件に相違がある」

と感じている人が多いです。

 

求人情報など

雇用条件面をしっかりと

事前確認しておくことが必要です。

 

また、

文面に残さずに

口頭での約束であったりするのも

相違を生み出す原因となります。

 

これらの確認不足などが、

入職後の問題点が露呈する結果に

なってしまうのです。

 

人間関係に問題がある

これらも事前に

ヒアリングなどしておくことで、

入職後の相違を

回避することができるのです。

 

特に最近では、

職場見学など

行っているところもありますので、

事前に確認や情報収集などで

問題回避をすることは可能です。

 

待遇面に問題がある

収入や待遇なども

求人情報からある程度、

情報入手は可能なはずです。

 


なぜ、

事前に情報収集が重要になるかというと、

求人条件などに詳細が

掲載されていたりします。

その求人条件からある程度の想定や

情報収集ができるようなしくみに

なっているのです。

 

それでも不明点や疑問点が

あるようであれば、

掲載先にコンタクトを取り、

確認することで入社後の相違

を回避することができます。

 

院内の雰囲気や働く環境に問題がある

これも、上記と

回避方法はほぼ同じです。

 

病院見学など

行なっているところもありますが、

もしないようであれば

1度院内見学ができるかどうかを

聞いてみるのも1つです。

 

看護師は人手不足が囁かれており、

多くの病院で求人をかけています。

 

転職を失敗しないためにも、

できる限りのことは

自分でする必要があります。

 

入職後に職場環境が悪いと

言わないようにするためには、

自分でどんどん

質問をすることが大切です。

 


 

派遣会社を利用しての

転職活動の場合には、

コンサル担当者に

職員の年齢層や職場の雰囲気など

質問をするのも転職を失敗に

終わらせない秘訣になります。

 

担当コンサルの人は独自の調査で

多くの情報を

入手している可能性があります。

 

求人票などには

掲載されてないような内容まで

情報を持っていることが多いので、

疑問点や不安点などを

自ら質問する癖をつけましょう。

 

「看護師をやめたい」

と悩みはあったけど、

事前の情報収集などで

回避することができたという人が

多かったですね。

 

院内の雰囲気や働く環境など、

個々によって感じ方も様々で、

実際に働いて見ないと

分からないこともありますが、

事前の情報収集である程度の

イメージができることもあります。

 

「転職を失敗させないため」

にも自ら質問をして

不安点などを事前に解消しておくことで

回避することができるんです。

 

事前に多くの情報収集できた人は、

転職も成功されているようです。

 

どうして転職に失敗したのか?

労働条件に違いがある場合の回避方法

プリ
入社前に必ず確認しておかなければいけないもの!それは、雇用契約書にあり!

 

面接時や入社前に

内容に相違があった場合には、

求人内容に間違いがないかどうかを

必ず確認するようにします。

 

転職は自分の人生を大きく左右する

大切なことになるので、

相手に言いくるめられないように

しなければなりません。

 

もし、内定後に面接時での内容や

求人内容に相違があった場合には、

口頭ではなく文章などで

必ず残しておくことが大切です。

 

なぜ、文章で残すことが大切かというと、

「口頭」でも労働契約は成立してしまうからです。

トラブルを回避するためにも

必ず文章で証拠を残しておかなければ、

勝ち目がないということです。

 


実際に仕事に着く前に労働条件について、

全て書面で残してもらえるように

伝えることが大切です。

 

書面で残せない病院は

信用ができないので、

必ず労働条件を書面交付してもらうように

言い切ることです。

 

面接時に即時採用の場合もありますので、

労働条件など詳細部分まで

しっかりと読んで

納得をした上で

捺印することをお勧めします。

 

流されたままで捺印してしまうと、

後悔することもないとは言い切れません。

 

雇用条件など書面の交付時には、

双方で保管するのが

基本になっていますので、

「書面交付ができない」

「こちら側で保管」

などという病院などには

注意をしましょう。

 

そして、労働条件の書面提示は

「義務化」

されていることをご存知でしょうか。

 

しかし、

一部の病院や施設、

医院なのでは

交付をしてないところもあります。

そうなると証拠が残らないので、

あの手この手で残してもらうように

言い切ることです。

 

自分の身は自分でしか守ることが

できないのです。

特に労働条件の

賃金や労働時間などについて、

必ず書面交付が

義務付けられていることを

覚えておきましょう。

 

求職者が書面交付を求めても

違法ではないので、

きちんと残してもらうようにしましょう。

 

労働基準法第15条第2項に

そのことについては、

明記されています。

「明示された労働条件が事実と相違する場合は、その契約を即時解除することができる」

このことがある限り、

雇用側に求めることができるのです。

 

それでも応じてもらえない場合には、

「労働基準局」

に相談をしましょう。

 


是正勧告など

雇用側は処分を受ける

対象となる可能性があります。

罰則は30万円以下の罰金となります。

 

近年、

過重労働での自殺など

「労災」

を求める裁判も後を絶ちませんよね。

 

ただ、

何らかの証拠がなければ、

裁判となった時に

争う材料が乏しくなります。

自分の身は自分で守るしかないので、

できる限りのことは

自分でもしておく必要があります。

 

ただ、

どんなことが必要であるかの

知識がなければ、

材料集めをすることもできませんよね。

 

「看護師やめたい」

と悩んでいた人は、

雇用条件や労働条件などを

書面に残すことで、自分も守れるし

万が一の時は

主張ができるという点から、

気持ち的に楽になったという方が

増えているようです。

 

「証拠は自分で残す」

これが大事なんですね。

 

転職サイトやハローワークで就職活動をした場合


転職を後悔しないために気をつけなければならないこと

転職サイトやハローワークを通して、

求職活動をされたケースは、

不明点や相違点があった場合には

直接病院へいうのではなく、

派遣元やハローワークなどの

担当者に話をするようにしましょう。

 

ハローワークなどでは

担当者のみならず相談窓口など

別に設けている場合があります。

特に労働条件などに

虚偽などが判明した場合には

「罰則対象」

となります。

 

ただ、

全ての労働者が

守ってもらえるわけではないので、

基本的には

「自分で守る」

ということを

念頭に置いておきましょう。

 


転職を失敗しないための注意事項

看護協会やハローワークからの転職活動をした場合

看護協会やハローワークなどの

求人の場合には、

求人票の内容に

不透明となっている部分がある点、

ながされるままに

行動をしていてはいけません。

 

疑問点や不安点は

解決をしてから

次に進むようにしましょう。

 

言われるがままであれば、

転職活動も失敗に終わる可能性が

大きいのです。


自分の人生を左右する大切なことです。

しっかりと自分で

「どうしていきたいのか」

「自分がどうありたいのか」

「転職することでどんなスキルをあげたいのか」

転職の目的をしっかりと決めることです。

 

目標を決めれなければ、

「成功」

とは言えません。

 

面接などでの疑問点や雰囲気など

質問があれば、

しっかりと担当者と連絡を取りながら

解消をしていく必要があります。

 

転職活動を

全て自分で行なっている以外は、

「担当者」

がいるというのが

大きなメリットになるのです。

 

担当者を信頼して、

なんでも相談できる関係性を

築いておくことも

失敗に終わらせないコツになります。

 

メリットとしては、

インターネットなどで

求人検索を行うことができる点や、

安心して求職活動ができるという点、

地域の求人に

太いパイプを持っているので、

地方の方には有利になります。

 


逆にデメリットとしては、

登録や紹介状などの手続きに

時間がかかる点、

求人情報に不透明な内容が

多いという点です。

 

また、番号順に呼ばれますので、

待ち時間も非常に長くなります。

ハローワークなどは、

ある程度時間などに

余裕のある人にはおススメです。

 

求職活動の時間を

割かなければいけないので、

多忙の人には不向きですね。

 

時間を確保できる方は、

看護協会やハローワークなどを

利用することをおすすめします。

 

特徴を理解したことで、

気持ちに余裕が出てきた人も

増えているようです。

「看護師やめたい」

と悩んだ方も

わりきって求職活動ができるように

なったようです。

 

看護師転職サイトなど人材派遣を利用した場合

看護師転職サイトを

利用の方にとっては、

「求職活動の時短」

がメリットになります。

 

ただ、

強引に勧誘されることもあるので

注意は必要です。

 

転職サイトは

「仲介料」「紹介料」

が派遣元に入る仕組みとなっています。

そのため、

少々強引に紹介してくる場合があります。

 

メリットとしては、

自分の求人条件に

ぴったりの求人情報を

紹介してもらえるという点や

面接や就職活動の時間を

大幅に減らすことができます。

 

代理で求人先などを

見つけてもらえるからです。

 


また、

担当者に面接の日程や

給与面や労働条件面での交渉も

代行で行なってもらえるので、

聞きにくいことなどを

代理で聞いてもらえるのがいいんです。

 

デメリットとしては、

強引に求人先を紹介されたり、

求職活動を

急がされたりする場合があります。

 

「看護師やめたい」

と悩んでいたけど、

色々な求職活動方法を駆使することで、

求職活動がらくになったり、

転職も理想の就職先が

見つかったという声も

非常に多いようです。

 

まとめ

どの方法で転職活動をするかは、

各特徴を理解した上で

利用するようにしましょう。

 

何度も書いているように

「転職」

とは、

自分の人生を左右する

大切なことなので

妥協はしない方がいいです。

 

1つ1つ解決をしながら、

不安点や疑問点などを

不透明のままにしておかないようにする。

 

これが、

転職を成功に導く近道になります。

 

ジョブデポ看護師の案内

ナースジョブ案内

マイナビ看護師案内