仕事に対する満足度を評価するのに、

お給料は重要なポイントです。

 

もしあなたのお給料が

他の人より少なかったら

やる気も失せてしまいます。

 

そもそも看護師の

お給料がどれくらいなのか

ご存知ですか?

 

転職したいけど

看護師の平均給料がわからないと、

損をすることにもなりかねません。

 

だからと一般職と比較しても

意味がありません。

看護師は専門職なのですから、

初任給から高目なのです。

 

高目とは言っても、

身も心も削りながらする仕事に

見合っているでしょうか。

 

ここでは看護師の

お給料について見て行きましょう。

 

看護師の給料の平均はどれくらい?


看護師は給料は高いのか?

まずは下のグラフを見てください。


 

これを見ると一般職に比べ

看護師の給料が高いとは

一概にいえません。

 

しかし看護師の給料は安定していて、

パートや派遣などで

働く場合の賃金は高く、

求人も絶えない仕事には

かわりありません。

 

看護師の給料の平均は?

上記のグラフから計算すると

ズバリ

486.6万円

になります。

 


 

そしてよく聞くのが

「地域による給料の差」

です。


これを見ると都市圏では高く、

九州・四国では

低くなっているのがわかります。

 

看護師の給料をあげるには?

あなたのお給料が

平均よりも少なかったと

嘆かないでください。

お給料をアップする方法があります。

 

看護師の給料に差が出るのは、

基本給と手当ての基準が

勤務先によって違うからです。

 

職場別ランキング表

ランキング 職場 平均年収
1位 ER看護師 543万円
2位 大学病院 490万円
3位 総合病院 465万円
4位 個人病院・クリニック 390万円

 

看護師が勤める医療施設の経営母体には、

さまざまな種類があります。

 

国公立や私立など経営母体が違い、

経営状態も違うために

給料に差がでてくるんです。

 

また、基本給の算定基準が

年功重視の所から、

職務能力を重視する所と

違いがあります。

 

つまり、あなたのスキルが同じでも

勤務先が変わるだけで

給料が変わるのです。

 

そこでお給料をアップする方法を

ピックアップ!

 

都市部の私立大学病院で働く

前述したデータから

都市部の私立大学病院は

給料が高い傾向といえます。

 

訪問看護で働く

高齢化が進むなか

訪問看護の人手不足は拍車がかかり、

訪問看護ステーションは

給料水準を上げて求人しています。

 

専門資格を取る

「認定看護師」

「専門看護師」

などの専門の資格を取得することで、

手当てが見込めます。

 

そして資格がある看護師として

活躍する場が増え、

管理職への昇進のチャンスもあり得ます。

 

管理職になる

主任や師長などの

管理職手当てが増えます。

しかし、病床数の少ない施設では

ポストが限られているため、

可能性も低くなります。

 

そんな時は管理職のポストが空いている

他の勤務先に転職するのもありです。

管理職の募集は

非公開で進められることが多いので、

転職サイトに相談するのがいいです。

 

手当てが多い勤務先を探す

看護師がもらう手当ての

大半は夜勤手当です。

 

その夜勤手当も

施設によって差があります。

 

深夜割り増し分と夜勤手当の

両方が払われたり、

夜勤専従者には特別手当を

出したりする所もあります。

同じ夜勤をするなら、

しっかり手当てをもらいたいですよね。

 

他にも

「特殊業務手当」など

いろんなものがあります。

 

あなたが転職を考えているなら、

次の勤務先になるところに

どんな手当てがあるのか

調べておきましょう。

 

ただ、こういう情報は

手に入りにくいので、

転職サイトを活用することを

おススメします。

 

転職サイトはたくさんの施設と

交渉しているため情報が豊富。

かつ、未公開のも持っているので

うまく相談してみてはどうでしょう。

 
 

ジョブデポ看護師の案内

ナースジョブ案内

マイナビ看護師案内