30代というと、仕事も

プライベートも充実してくる時期。

 

学校卒業後にストレートで

就職している場合、

30代になると看護師歴10年を超え、

ベテランの仲間入りしてくる

世代でもあります。

 

すでに中間管理職になっている方も

いらっしゃるでしょう。

 

転職が多い職業と

いわれる看護師は、

そんな30代での転職も

大いにあります。

 

その反面、

失敗する方も多いため

注意も必要なのが30代の転職。

 

この記事では30代での転職は

どんなことが起こるのか、

ポイントをお伝えしていきます。

 
 

30代の看護師が転職を考える4つのポイント

ライフスタイルが変わったとき

結婚、出産、育児…

30代は人生のイベントが

たくさん起こる年代でもあります。

 

家庭や子育てについては

女性がメインとなって行う家庭が

まだ多いため、

これらのライフスタイルに合わせて

転職を考える女性看護師も

たくさんいらっしゃいます。

 

夫の転勤で

転職をせざるを得ないという

パターンもあるでしょう。

 

プライベートの充実を優先するとき

若さは誰しもが持っていて、

誰しもが失っていくもの。

 

夜勤明けで遊びにいく

体力がなくなってきた、

ナースコールに出る早さが

落ちてきた、

モニターを見る目もかすむ…

 

若手の頃と比べ、

そんな体力の衰えが

顔を出し始めるのも30代でしょう。

 

 

20代は体力勝負でしたが

30代になると無理が

きかなくなってきます。

 

仕事に全力を尽くしてしまい、

プライベートでは寝たきり

なんてことになっては、

何のために仕事をしているのか

わからなくなってしまいますよね。

 

プライベートを充実させるため、

無理なく働くために

転職する看護師は、

30代の特に急性期に多いようです。

 

キャリアアップを目指すとき

30代の看護師は経験が豊富です。

 

やりがいある看護師として働く中で、

より専門性を高めたいと思い

転職するのが多いのも30代。

 

師長などの管理職を目指して

転職するパターンもあります。

 

専門分野の追求や

管理職への上昇志向が

理由の転職は、

看護師として脂の乗った30代が

最も適した時期といえるでしょう。

 

給与アップを望むとき

看護師の給与明細の

「支給項目」の中には、

「功績給」といった

その施設基準のランク表に

基づいて支払われる給与が

ある場合があります。

 

これまでの経験や資格取得、

働きぶりなどを評価して

基本給に追加する、

まさに

「その人が成した功績に対する賃金」

のことです。

 

 

30代までで得た経験と知識を活かし、

即戦力となって勤務してくれる

看護師に対し「功績給」を

つけてくれる施設もあり、

給与アップが見込めることもあります。

 

また、入職時の給与は横並びでも、

その後の勤続年数によって

上がり幅が大きい場合もあります。

 

給与アップを望んでいる場合、

在職している病院よりも

転職先の上がり幅が大きければ

迷わず転職するでしょう。

看護師が30代で転職する4つのメリット

即戦力になる

一般病棟を経験していれば、

ほとんどの看護技術は

習得しているといえます。

 

また「看護師の嗅覚」ともいえる

「勘」も鍛えられているので、

新人や若手と比較して

 

「何となくわかる」

「おかしいな?と何となく気付ける」

といった経験が成せる業も

大いに活躍するはずです。

 

社会人経験や患者との対話で

鍛えられてきた

コミュニケーション能力もあるため、

職場でのリーダーシップを

発揮することもできるでしょう。

 

これは採用する側にとっても

大きなメリットになります。

 

長く勤める予定で入職できる

30代は転職の事前準備を

十分におこない、

目的目標を持って転職する人が

多いことから、

入職後のミスマッチを

感じにくい年代でもあります。

 

そのため、目的達成するまで

長く勤める予定で

入職する人が多い傾向にあります。

 

勤続による給与の上がり幅が

大きい施設では、

目的も達成できる上に

給与もアップできるのも

嬉しいポイントです。

 

勤続することにより

管理職などへのステップアップに

挑戦する機会を得る

可能性も出てくるでしょう。

 

希望の専門分野に進める

これまでの経験を活かした

専門分野に進む希望を持って

転職した場合、

希望の専門分野に

配属されることがほとんどです。

 

よほどの人員不足や

人間関係に問題がない限り、

配属先を転々とすることは

ないといえるでしょう。

 

これは経験値の高い

30代看護師の強みになります。

 

 

資格取得や人材教育に

力を入れている転職先を

見つけておくと、

心強いサポートがもらえるはずです。

 

就学中の資金を一部出してくれる、

基本給を支払ってくれる

施設などもあるため、

希望する専門分野がある場合は

ぜひ活用してみましょう。

 

ワークライフバランスを保って働ける

 
プライベートを優先して

転職した場合、

仕事で擦り切れて

1日が終わることなく、

心も体も楽になります。
 

プライベートが充実すると、

仕事との切り替えが

上手くできるようになり、

仕事へのモチベーションも

保てるようになるでしょう。

 

急性期でバタバタとしていた看護師は、

ピリピリした雰囲気がとれ、

丸く穏やかになったと

いわれることも多いようです。

 

慢性期やリハビリ期など、

穏やかでのんびりした雰囲気の中で、

患者と関わることに

新たなやりがいが生まれます。

 

看護師が30代で転職する4つのデメリット

体力が必須な職場への転職は覚悟が必要

同じ看護師でも、

施設によっては体力が必要な

業務になることがあります。

 

慢性期分野でも

搬送やリハビリなど看護師が行う

業務負担が多いところもあるため、

 

プライベートの充実や

体の療養目的で転職する場合は

特に注意が必要です。

 

新たな分野への挑戦も覚悟が必要

慢性期から急性期など、

新たな分野の中でも

繁忙な分野への挑戦にも

注意が必要です。

 

やる気があるに

こしたことはありませんが、

やる気だけで乗り切れないことも

あるのが年齢です。

 

体力だけでなくスピードや

学習能力も必須となるため、

相当な覚悟が必要となるでしょう。

 

一般的にみて、

30代はキャリアチェンジする

年齢的ラストチャンスといえます。

 

家庭がある場合、慣れるまでは家族の協力が必要

家庭を優先して転職した場合でも、

慣れるまでは家庭と仕事の両立は

大変だといわれます。

 

楽になるためにと転職したのに、

新たな仕事でやることが増えて

結局苦しんでいる…

といった声も少なくありません。

 

転職など、新たなことを始めるには

労力がいるものです。

 

慣れるまでは、

家事の分担など家族に

協力してもらえるよう事前に

相談しておくのがベストです。

 

希望する分野には年齢制限がある場合も

稀なケースでもありますが、

美容外科などは

外見や容姿や体力を

重要視する診療科では、

年齢制限がある場合もあります。

 

多くは20代後半まで、

長くても30代前半までの

ことがほとんどです。

 

どうしても挑戦してみたい

診療科の場合は、

早めに求人情報を確認する

必要があります。

 

まとめ

「亀の甲より年の功」

とはまさに30代の転職のことです。

 

お金はあっても

時間をかけて取得した技術や知識、

時間は買えません。

 

30代までの看護師としての経験は

個人差があるものの、

とても貴重なものです。

 

 

キャリアアップか、

キャリアチェンジか、

ワークライフバランスか。

 

目的に合わせた

転職先を見極めれば、

30代は転職するにあたり

バランスが取れていることが多い、

転職に適した世代ともいえます。

 

30代だから採用されないのでは?

と不安な方は、

転職エージェントで目的に適した

転職先を見つけてもらうのも

効率的です。

 

ジョブデポ看護師の案内 ナースジョブ案内 マイナビ看護師案内