40代の看護師は、

経験20年以上となり

ベテランと言われる世代。

 

しかし、40代までずっと

同じ勤め先に留まる人は稀で、

1度以上の転職経験者が

ほとんどです。

 

看護師は転職する機会が

たくさんある職種の1つですが、

40代から転職する看護師も

勿論いらっしゃいます。

 

今回はそんな40代からの

看護師の転職についてお伝えします。

 
 

看護師が40代から転職する動機は?

出産、育児などによるライフスタイルの変化

女性の社会進出によって

晩婚や高齢出産が増えた近年、

 

看護業界でも出産や育児など、

ライフスタイルの変化によって

転職する年齢も高くなってきています。

 

育児など家庭優先にしたいと希望し、

40代で転職する看護師も多いのです。

 

育児がひと段落し、仕事に使える時間が増えた

結婚や出産がなどのライフイベントが

20代前半にあると、

40代では子育てもひと段落します。

 

生活の重点を仕事において、

働き方や希望の領域に

再トライするチャンスでもあります。

 

家庭を優先してクリニックや

外来で働いたあと、

チャレンジしたい診療病棟に

勤務希望するケースや、

更に専門性を求めた診療部門に

転職希望するケースもあります。

 

キャリアアップしたい

ベテランの40代看護師は、

管理職などのキャリアアップや

ステップアップも意識してくる世代。

環境を一転して管理職を

目指すために転職するのも

手と考えている人も多いのです。

 

管理職での求人は

一般公開していることは稀ですので、

非公開の求人情報をもつ

転職エージェントを活用することが

オススメです。

 

業務が身体的にツライ

「夜勤は起きているだけでも
体がしんどい」

「急性期の病棟では
座る暇すらもてない」

「身体的介助が多い」

など、若いと気にならなかったことも

ツラくなってくるのが40代。

 

体を休めるために、

夜勤や身体介助がない職場に

転職するのも理由の1つになります。

スタッフの年齢層が若い職場環境だと、

周りが休憩しないので

自分も休めないこともあり、

40代にとっての身体的負担が

理解されない傾向にもあります。

 

転職先に求めることに、

ゆとりある職場と業務が

上位に入っているのも納得できます。

 

看護師の転職、40代は向き?不向き?

40代での転職に向いているケース

外科、内科などの一般的診療科の経験がある

消化器、整形、脳神経、呼吸器や

循環器などオーソドックスな

一般内科・外科診療科の経験があり、

 

身体を全体的に観察できる

知識がある場合、

どこの診療科や施設に転職しても

即戦力となるため、重宝されるでしょう。

 

専門診療科の経験のみでも優れた専門性がある

皮膚科や眼科、小児科、精神科など

専門的な少数の診療科のみの

経験だったとしても、

その分野を活かした転職であれば、

エキスパートとして歓迎されること

間違いなしです。

 

人材育成や教育、コミュニケーションなどに意欲的

40代の中堅看護師は、

頭脳や技術といった即戦力以外にも

求められるものがあります。

 

後輩育成の教育力や

チーム内でのコミュニケーションの

潤滑剤としての役割、

リーダーシップや判断力などです。

 

管理職になる時にも

必須のスキルとなりますので、

キャリアアップを目指した転職でも

有効です。

 

40代での転職に向かないケース


ブランクが長期的、浅い経験のみ

育児などで現場勤務を離れたなど

ブランクが長い、

看護師としての経験が浅い場合は

即戦力としては難しいと判断され

不利になります。

 

転職すると給与額が下がる

看護師は経験値と比例して

基本給は高くなるため、

通常40代では給与が上がります。

 

しかし、転職先の方針によっては

転職=新人と同じ扱いとしている

職場もあります。

 

経験値がゼロとなり

給与が下がるならば、

その転職はやめた方がいいでしょう。

 

経験値がプライドになってしまう性格

これまでに培ってきた知識は

お金を払っても得られませんし、

誇りあるものです。

 

しかしそのプライドが

「こだわり」になる性分だと

少々厄介です。

 

自分以外のやり方を受け入れられず、

他人と衝突することも考えられます。

 

看護はチームプレイとなりますので、

「こだわり」が前面に出過ぎると

敬遠されてしまうかもしれません。

 

看護師が40代から転職する先はどんな職場?

外来やクリニック

夜勤や身体介助の業務がほとんどなく

土日祝日は休診なので、

家族優先や身体的負担を軽減した

働き方を選択できます。

 

ただし、総スタッフが少数で

入れ替わりもないので、

閉鎖的で独特な風習などがあると

コミュニケーションに難しさを

感じることもあるでしょう。

 

病棟勤務と比べると

勤務日数などで給与は下がります。

 

透析治療などのクリニックは

給与水準が高いのでおすすめですが、

透析は毎日患者がいるので、

休診日が少なく遅番などの

勤務があるのも要注意です。

 

慢性期病棟やリハビリ病棟

予定外のイベント発生がなく、

ゆとりがあり定時で上がれるため

プライベートを優先できます。

 

また、認定看護師などを

狙える分野でもあるため、

 

子育てがひと段落した

看護師にとっては

学習とキャリアアップを

望める分野といえます。

施設によっては身体介助業務を

看護師が行うところもあるので、

転職の際は看護師の業務内容の

確認が必須です。

 

老人介護施設やデイサービス

看護師と介護師の業務の

棲み分けがされていて、

看護師は医療行為のみを行うため、

身体負担は軽減されます。

 

看護師として

責任持って判断する場面も多く、

経験と知識の見せどころでもあります。

保育園

保育園にも看護師の

活躍の場があります。

 

小児科勤務や子育ての経験を活かし、

ママ看護師として活躍できるでしょう。

 

いままでの高齢者中心の

治療に関わっていた分、

癒しを求めて保育園に転職するのも

オススメです。

 

献血ルームや健診スタッフ

看護師がベテランの雰囲気で

あればあるほど、

安心感が高まりますよね。

 

バイタルサイン測定や採血、問診など、

ベテラン看護師の技術の見せ場です。

 

スタッフが同年代であることも

安心できる環境ですし、

受付時間も限定されており

残業がないのも魅力です。

管理職として転職できる施設

他の病院などから引き抜きをして

管理職を求めている施設も存在します。

 

管理職を希望して転職をするには

狙い目といえるでしょう。

 

しかし、管理職の求人が

一般公開されることは稀ですので、

非公開の求人情報を持つ

転職サイトや転職エージェントを

使うのがおすすめです。

 

まとめ

一般的には年齢があがると

転職はしにくくなり、

仕事内容自体を変える

必要性があることがほとんどです。

 

しかし、豊富な経験と知識があれば

即戦力として重宝され、

単純に年齢が高いからという

理由で敬遠されず、

採用してもらえる多様な

勤め先が多いのが

看護師の長所です。

 

40代での転職では

失敗がないように、

管理職を目指す以外の場合でも

転職サイトやエージェントを

上手に利用するのがおすすめです。

 

転職の目的が定まったら、

自身のセールスポイントを

控えめにアピールすることで

40代からの転職を成功させましょう!

 

ジョブデポ看護師の案内 ナースジョブ案内 マイナビ看護師案内