看護師は、夜勤などの交代勤務や

身体介助、救急対応といった

体力面だけでなく、

 

瞬時の判断力や冷静な分析力、

広い視野の観察力などの

頭脳面と精神面も持ち合わせて

いなければ務まらないもの。

 

特に頭脳面や精神面は

長年の経験によって

培われていきます。

 

働いてきた経験があるからこそ、

50歳を超えても働き続けられるのが、

看護師の魅力の一部です。

 

世間では50歳での転職は

厳しいといいますが、

看護業界ではその限りではありません。

 

「50歳でも転職ができるって本当?」

「50歳看護師はどんな職場があるの?」

など、50歳看護師の転職についての

ポイントをお伝えしていきます。

 
 

50歳の看護師が転職する理由は?

体力が低下し、業務がしんどくなってきた

看護師の多くは病棟に勤務しています。

 

ほぼ立ちっぱなしで

病棟の端から端まで重いワゴンや

電子カルテを持ち歩き、

ナースコールに振り回され、

患者さんの移動も介助し、

そして眠れぬ長い夜勤もこなす…

 

やりがいがある反面、

体力ありきの業務であることが

病棟勤務の特徴ともいえます。

 

老いも若きも同じ業務量を

こなす必要があるので、

体力が限界になるのは

当たり前でしょう。

 

年齢によって夜勤免除になる

病院もありますが、

実は日勤だけで連日勤務することは

逆に地獄になることに。

 

イベントの多い日勤の連続勤務は

本当に辛いのです。

 

セカンドライフを見据えたワークライフバランス

50歳というと

定年退職のゴールまであと少し。

 

 

しかし、高齢化とともに

長生きする現代では

定年しても年金はすぐもらえず、

生活するため定年後も

働き続けることがほとんどです。

 

そんな老後の生活を見据えて、

少しでも体が動くうちにと

定年後も勤められる職場に転職する

50歳の看護師は多いのです。

 

キャリアや収入の見直し

「長く勤めているのに
周りの同年代よりも収入が低い…」

と気付き、

最後のチャンスと思い立って

転職するケースもあります。

 

現時点で中間管理職に

なっているものの、

更なる昇進が見込めない場合など、

転職の理由が

管理職就任の場合もあります。

 

看護師は師長が頂点ではなく、

看護副部長、看護部長など

師長以上の役職は様々あるため、

50歳からのキャリアアップも

目指せるのです。

職場の人間関係が…

年齢に問わず、看護師の職場での

悩みの種といえば人間関係です。

 

若い時は先輩看護師の怖さに怯え、

ベテランになると新人や

若い看護師の振る舞いなどに

困惑したりするものです。

 

同年代の同僚が少ない職場では、

居心地の悪さなども

感じるかもしれません。

 

人間関係が原因で…

は転職理由のトップ3に入ります。

 

50歳看護師の転職…チェックすべき4つのポイント

正看護師の資格があると有利

少し前までの看護業界は

准看護師の資格でも

正看護師と同じ業務内容を行い、

見た目では准看護師も正看護師も

違いがわからないものでした。

 

准看護師は

資格を取りやすかったので、

40~50代では

准看護師の資格で勤務している方も

たくさんいらっしゃいます。

 

現在は正看護師が主となっており、

雇用側も正看護師を採用する

傾向にあります。

 

管理職であるならなおさらです。

 

准看護師と正看護師では

基本給与に差があるため、

給与面を考慮して

転職する方にとっては

要チェックなポイントです。

 

 

業務内容が同じなのに

給与が異なるのであれば、

正看護師の資格を

取得しておいた方が有利です。

 

働きながら通信で

正看護師の資格を

取得する方法もあります。

 

経験ある分野の方が成功しやすい

人生は1度きりですので、

新たな分野へのチャレンジ精神も

勿論捨ててはなりません。

 

しかし現実的には50歳からの転職で、

未経験の新たな分野への挑戦は

厳しいものになり、

転職が失敗に終わる結果に

なることすらあります。

 

いままでした経験と知識は

50歳看護師の武器ですから、

それを活かした経験ある分野への

転職が安牌です。

求められるのは経験と人柄

50歳看護師の経験値は

最大の武器です。

 

採用側にとっても即戦力ですから、

豊富な経験と知識は転職にも

有利になるでしょう。

 

しかし豊富な経験や知識は

形を変えれば「こだわり」になり、

他のスタッフとの衝突する

原因にもなりえます。

 

チームワークや人材育成など、

他のスタッフとの調和が取れる

人柄であるということも

採用側は50歳看護師に

求めているのです。

 

「自分の能力・体力・適性」を把握しておく

自身の得意・不得意は

だいたい理解できていますよね。

 

転職活動のキーとなるのは、

「動機」が1番といわれます。

 

転職の動機が固まっていないと、

給与面や待遇などわかりやすい面に

踊らされてしまい、

 

入職後に

「お給料は良いけど、仕事はキツイ。
人間関係も悪い…」

というミスマッチが

起こってしまうからです。

 

50歳の看護師は、動機の他に

固めておくべきことがあります。

 

 

「経験が役に立つ分野はどこか」

「いまの体力で行える業務量は?」

「自分に適した環境は?」

いままでの経験をふまえて、

自分の状態を客観的に

アセスメントしておきましょう。

 

自分の体力や能力を

過信して転職すると、

後々に後悔する結果になる

恐れがあります。

 

50歳の看護師の転職にオススメの職場は?

転職理由が様々あれば、

その理由によって

向いている職場も様々あります。

外来やクリニック

「医師の診療の補助」や

「カルテ処理などの事務作業」、

「採血やバイタルサイン測定など
身体介助を伴わない看護技術」

が業務のメインで、

体の負担は軽減されます。

 

残業が少ないことや

土日休みが多いことなども、

ワークライフバランスを

重要視する上で魅力です。

 

訪問看護

1日に決められた

件数の患者宅へ出向き、

予定されている看護を実施します。

 

イレギュラーな出来事や急変が

なければ残業はまずないでしょう。

 

患者と関わりながら

看護技術の経験を

活かすことができます。

 

移動に自転車を

使用している地区もあり、

仕事では体を酷使したくないけど

軽い運動はしたいという50代に

人気の転職先です。

介護施設やデイサービス

働くスタッフは看護師と介護福祉士。

 

生活上の身体介助は介護福祉士、

看護師は健康管理と、

業務の棲み分けをしているため

体を酷使せず働けます。

 

夜勤が必要な施設もありますが、

常駐勤務ではなく自宅で

電話報告を受ける「オンコール」で、

通常の病棟夜勤よりは

辛くない形態なところも多いのです。

 

療養型といわれる慢性期の病棟

患者の大半は症状が安定しており、

急変や緊急入院がなく

ゆとりある働き方ができます。

 

定時で上がれるのも魅力です。

 

経験ある分野であれば、

管理職も目指せるでしょう。

 

「患者以外にも看護師を
育てることが好き」

など人材育成に興味があれば、

病棟勤務の方が後輩が多く、

選択肢が広がるためオススメです。

 

まとめ

50歳の看護師の転職では、

自分の特性と経験を活かせる

転職先を見つけられるかが

カギといえます。

 

年齢制限なしとうたっていても、

実際は採用年齢を

限っていることもあります。

 

管理職を目指す場合も、

管理職での募集はほとんど

公開されていないので、

転職サイトや転職エージェントを

うまく活用し、

情報収集するのも手です。

 

 

ジョブデポ看護師の案内 ナースジョブ案内 マイナビ看護師案内