一般企業では60歳が

定年退職する年齢ですが、

看護業界では60歳で定年したあとも、

看護師の資格保持者として

続けて働くことができます。

 

「60歳で定年目前なのに、

転職してまで勤めるの?」

と、おどろくかもしれませんね。

 

看護師に成りたての若手時代は、

定年後なんて年金で悠々と

過ごせる楽しみな天国のようで、

霞みがかったほど遠くに

思えていたことでしょう。

 

 

収入があってもまるで銀行口座を

通過して行くだけで貯蓄に回せず、

定年後の年金受給まで再就職して

働くことは60歳以上の

看護師あるあるです。

 

一度取得できた看護師免許は

更新する必要がなく、

定年後も最期まで看護師として

勤められます。

 

ここでは20~30代ほど

求人の募集数は多くないものの、

看護師が60歳でも転職に

挑戦する方法をお伝えします。

 
 

看護師が60歳で転職に挑戦!その理由は?

何十年も看護師を務め、

ようやくやってきた定年で

いよいよ退職できる…

ハズの60歳が挑戦する

転職事情をお伝えします。

年金が受け取れるまでの資金作り

60歳で定年退職しても、

年金が受け取れるのは65歳ですので、

最低5年間は貯えを

切り崩した暮らしが強いられます。

 

不安要素は、下がりっぱなしの

年金金額にもあるでしょう。

 

 

手取り給与額が高い看護師は、

生活水準も高めであり、

老後だから慎ましく…と

生活水準を突然

低くすることは苦手です。

 

貯蓄以外にも

現役時代と同じような

生活がしたいと希望することが、

60歳で転職して働く

動機になるでしょう。

 

ずっと現役看護師であることがアイデンティティー

日本は高齢社会ですが、

100歳には見えないほど

若見えする高齢者も多く、

60歳にいたっては

ひと昔前では考えられないほど

元気のある世代です。

 

定年して仕事がなくなると同時に

「看護師である自分」

ではなくなることに、

自分が誰だかわからなくなるような

虚しさを覚えることが

あるかもしれません。

 

「最期まで看護師でありたい!」

と、思うならば、

転職に挑戦できるでしょう。

管理職など活躍できる場やサポート役になれる場がある

シニア看護師を求めている病院も

多数見受けられます。

 

経験豊かなシニア看護師は

新任の管理職や管理職補佐としての

サポート役を担うには適任です。

 

管理職やマネジメントなどの経験者は

特に貴重ですので、

後輩教育や人材育成等、

エキスパートな看護管理の

技の見せ所といえるでしょう。

 

60歳の看護師が転職に挑戦!オススメの職場は?

慢性期の病棟

療養型やリハビリテーションなど、

急変リスクの少ない病棟であれば、

体力面を心配せず

60歳でも転職できます。

 

長期化する入院は患者にとって

ストレスフルな環境です。

 

熟練のコミュニケーション技術がある

ベテラン看護師に、

話を聞いてもらえるだけで

励みになるはずです。

 

午前中だけ勤務するなど、

ワークライフバランスに重点をおいた

働き方も選択できるので、

病棟勤務をしたいシニア看護師に

おすすめです。

 

老人福祉施設、デイサービス

利用者や入所者する者にとって、

経験値の高い60歳のシニア看護師は

頼れる心強い存在です。

 

家族にとっても

ベテラン看護師の存在は

安心に繋がります。

 

介護福祉士とともに業務にあたり、

看護師は医療や

健康管理を担当するので、

身体的負担が軽いことも

シニア看護師にとって

好条件といえます。

 

デイサービスでは

午前中のみや午後からなど、

短時間での勤務形態もあり、

プライベートも重視して勤務できます。

精神科病棟

心の病気を治す精神科では、

冷静で穏便に話を聞ける看護師は

重宝されます。

 

人生経験をもとに、

個別性に富んだバリエーションをもつ

シニア看護師は、

悩める患者にとって

心の拠り所になるでしょう。

 

若手看護師にとっても、

ベテランのシニア看護師は

頼りになる先輩です。

 

夜勤をやれる

体力に自信があるならば、

夜勤もあり救急処置も少ない

精神科病棟はおすすめです。

 

外来案内

診療科の外来担当看護師としての

勤務も可能ですが、

混雑時はバタバタと

走り回るほどいそがしく、

 

60歳での転職先としては

体力面がネックになる方も

いらっしゃるでしょう。

 

診療科の外来担当の

看護師としてではなく、

総合受付の案内人として

シニア看護師を欲している

雇用者もいます。

 

 

受診すべき診療科へのエスコートや、

緊急性を見きわめ、

「診療科の選び方を知らない」

新患に対してのサポートや

「いち早く診察を勧める必要のある
重症患者」

のトリアージも任されます。

 

何十年と看護師として

働いてきた知識と

コミュニケーション技術があり、

まさに「長年の勘」をもつ

シニア看護師にピッタリの業務です。

 

看護学校教員

後輩育成に関わりたい方は、

究極の後輩である

「看護学生」の教育現場への

転職もオススメです。

 

看護師としての実務経験以外に、

研修を受けるなどの

条件をクリアすれば

看護学校の教員として勤務できます。

 

元看護師の看護学校教員で、

60歳を超える方も大勢います。

 

経験談をおりまぜて

伝授する看護論は、

看護学生にとっても興味深く

心に刺さる学びになるはずです。

 

60歳の看護師が転職に挑戦!ベストな職場の探し方は?

転職サイト、転職エージェントを利用する

一般公開されている求人には

年齢制限は書いてありませんが、

採用年齢が60歳以上まで

容認されていることは稀です。

 

1社ずつに電話などで

採用年齢を伺ってチェックするのは

骨の折れる作業ですよね。

 

シニアの年齢層に的にした

シニア専用の看護師転職サイトも

存在しますので、

転職サイトや転職エージェントの

活用がオススメです。

 

パソコン操作や

インターネットが苦手という方も

いらっしゃるかもしれません。

 

今はスマホやネットを使えた方が

情報収集も広くて

有利な世の中ですので、

 

転職活動をチャンスとして

スマホやネットの操作にも

チャレンジしてみるのも良いでしょう。

 

 

パソコンなどが使えると

仕事の幅も広がり、

老後の新たなチャンスが

生まれる可能性もあります。

 

シニア看護師の転職前例について職場にヒアリングする

提携する慢性期の医療関係や

老人施設で、

シニア看護師の採用枠を

とっている所もあります。

 

定年後の看護師の転職ルートや

前例について、

積極的にリサーチしてみましょう。

知り合いや口コミで情報収集する

知り合いや同僚、巷の口コミなどで

シニア看護師の就労事情について

情報をゲットしましょう。

 

中~大規模病院の外来や

クリニックなどで、

シニア看護師がいるかどうかを

チェックするやり方も一案です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

60歳でも看護師としての需要は

思ったよりも幅広くあります。

 

在籍している職場で、

雇用延長して勤務するという

働き方を選択する方法もあります。

 

転職活動せず、

気心知れた環境で

勤務できることは楽ですが、

熟知している環境だからこそ、

Aさん
仕事量のセーブが難しく、体が辛い
Bさん
自分以外が慌ただしく居心地がわるい

など、雇用延長して働く

シニア看護師には肩身がせまい

ケースもあることも

念頭においておきましょう。

 

医療発展の結果、

80歳以上が平均寿命の

高齢社会になり、

老後の生活を20年以上送る

世の中です。

 

60歳でも、看護師として

やりがいを求めて転職に

挑戦できる時代です。

 

1つの歯車として働けることは、

自身の存在意義の証明とも

いえるでしょう。

 

60歳以上でも

看護師として働くことで、

同年代やそれ以上の年代の

期待となり、

元気を分けることが

まだまだできるはずです。

心配せずに転職に挑戦してみましょう!

 

 

ジョブデポ看護師の案内 ナースジョブ案内 マイナビ看護師案内