過密なカリキュラムで

多忙な看護学校を卒業し、

国家試験をクリアして

ようやくなれた看護師。

 

緊張とワクワクの両方を胸に

就職したのに、

様々な理由で早々に退職を選ぶ

結果になってしまうこともあります。

 

「夢だった看護師になれたのだから、

もう1度看護師として働きたいな」

 

「でも第二新卒は

採用してもらえるのかな」

 

第二新卒の看護師にとって、

転職はハードルが高いと

考えているかもしれません。

 

ここでは第二新卒の看護師が

転職に成功するポイントについて

お伝えします。

 
 

第二新卒の看護師が転職する前にチェックすべきポイント

第二新卒とは?

看護業界では「一人前」の

看護師と認められるには

3年かかるといいます。

 

それゆえ、新卒で就職して

3年以内に退職した看護師を、

第二新卒というのです。

 

経験ゼロの新人ではないものの、

実践歴が浅く一人前と呼ぶには

教育のサポートが必要な状態の

看護師という意味があります。

 

第二新卒の看護師が離職する理由は?

リアリティーショックが大きい

看護学生は校内の座学以外に、

病院に出向いて患者に看護展開を

行う看護実習を受けます。

 

本来であれば、就職した時に役立つ

看護を学べる機会のはずですが、

‘看護師資格をまだ持っていない’

ので、患者に実践できる看護ケアに

限りがあります。

 

入職して行う看護ケアは学生時代に

習っていないものがたくさんあり、

「できると思ったのに自分は
できない人間なのだ」

「自信をなくした」

と意識的なミスマッチが生まれます。

 

これが

「リアリティーショック」

といわれ、

配属希望した診療科や

看護師自体が合わなかったのでは?

と悩み、新卒看護師が憔悴して

退職するのです。

プリセプターなどの指導者と馬が合わない

多くの病院では、

新卒新人に対してプリセプターという

1名の指導者と、

プリセプターをサポートする

サポーターという先輩指導者の

2名体制で新人教育を行なっています。

 

基本的にプリセプターは

新人の精神的ケアも行うので、

新人と年齢が近く、

自分の新人時代の経験を

活かせるように

3~4年目の看護師が担当します。

 

プリセプターとの年齢が

離れすぎていることや、

サポーターが教育的ではないなどの

理由で新人看護師と信頼関係が

築けないこともあります。

 

人間同士ですから相性があって

当然なものの、

病棟に慣れず味方も少ない環境で、

指導者と付きっきりの毎日が

苦痛になるのは当たり前でしょう。

 

夜勤などの交代勤務で体調を崩した

看護師になると夜勤という

長時間労働が始まります。

 

テスト勉強などで徹夜するのとは違い、

休みなくナースコールがなりますし、

緊張で夜の休憩も

眠れない新人がほとんどでしょう。

 

日勤でも夜勤でも緊張して、

体を休められず体調を崩す

新卒看護師もいますし、

そもそも夜勤が向いていない

看護師も多く存在します。

 

就職後に予定外のライフイベントが発生した

結婚や出産など、予定していなかった

ライフイベントが新卒で入職して

早々に発生することも。

 

おめでたいことですが、

年配の先輩からは

「看護師として1人前に
なってもいなのに…」

と否定的に捉えられ、

居心地がわるくなって退職する

ケースもあります。

 

第二新卒の看護師が転職活動する時の4つのポイント

じっくりと「自己分析」する

第二新卒の看護師が

転職活動する前にやるべきは

「自己分析」です。

 

「転職先に希望すること」

「転職先で看護師としてやりたいこと」

をまとめる重要なコアになりますし、

迷いが生じた時に

立ち返る根幹ともなります。

 

初めて勤めた職場を退職することに

労力を使い果たし、

退職直後はきっと

何も考えられないでしょう。

 

少し休んで心も体も休憩した後、

自分の退職理由と

理想の看護師像を振り返って

分析してみましょう。

 

第二新卒の強みと弱みを知っておく

強み

若い年齢は労働力があるため、

採用される枠は広いといえます。

 

前職場の退職理由によっては、

転職先で問題解決できる

場合もあります。

 

長く就労することが可能な

若い年齢の第二新卒は

重宝されるでしょう。

 

弱み

新卒からの経過年数が

短ければ短いほど、

新卒と同等の扱いになるため、

即戦力としての期待は

できなくなります。

 

1度退職していることで

「うちもすぐ退職する可能性がある」

と雇用者側にとっての

不安要素にもなるかもしれません。

 

前職場の退職理由が

体調面であれば、

慎重に採用検討しなければならず、

転職活動に時間がかることも

あるでしょう。

 

口コミの情報や転職サイトを活用する

1度退職した経験から、

慎重になって転職先を探す方が

ほとんどでしょう。

 

募集要項や求人票には、

「既卒看護師募集」や

「未経験者OK」の文言もありますが、

「第二新卒」に対しての記載は

ないことがほとんどです。

 

既卒と第二新卒では

基礎の経験値に差があり、

就職先の探し方の難易度が高いことも

第二新卒の転職がむずかしい

要因の1つともいえます。

 

 

転職を成功させるには、

相性のいい転職先を

見つけることが重要です。

 

看護学校時代の同級生に聞いて、

務めている病院の教育体制や

第二新卒の採用状況の

情報収集するのも手ですし、

 

転職サイトを活用して内部情報を

集める方法もあります。

 

第二新卒であることや新人教育での

第二新卒の扱いなどについて

直接電話などで

質問してみることもオススメです。

 

勇気がいる行動ですが、

入職してからのミスマッチ防止にも

重要なプロセスですし、

正直に打ち明けることで

雇用側も勤務方法などの

調整を考えやすくなります。

 

最終勝負は面接!

転職先を決めたら、

最後は面接になります。

 

 

あらかじめ電話などで

伝えている場合でも、

経歴や前職場の退職理由などを

正直に話す姿勢で臨みましょう。

 

誰にでも失敗はありますし、

‘失敗から学んだことを次に活かす’

姿勢の方が大切です。

 

面接では

「失敗から学んだこと」

「次にここで学びたいこと」

を伝えましょう。

 

ネガティブになりすぎず、

強気になりすぎず、

正直に話す姿勢と

第二新卒がもつ伸びしろに

好印象と期待を

持ってもらえるはずです。

 

第二新卒の看護師の転職先にオススメなのは?

第二新卒の看護師の転職先は、

教育体制が

整っていることが必須です。

 

4月入職を狙えば、

新卒新人に混じって研修に

参加できることもあります。

 

看護師経験が1年前後の場合

1年前後では看護技術が

自立していない項目もありますし、

診療科によっては

未経験の技術もあるでしょう。

 

看護師経験が1年前後であれば、

たくさんの看護技術を実践できる

病棟配属がオススメです。

 

急性期病棟は点滴や採血など

看護技術実践が高頻度ですが、

急性期は業務が繁忙なため

オススメできません。

 

ブランクがある場合や

人間関係にトラウマがある場合、

リハビリなどの慢性期病棟の方が

ゆとりある指導を受けられるでしょう。

看護師経験が2~3年ある場合

看護師経験が2~3年ある場合も、

看護師の基礎知識を固めるために

第一に病棟配属が理想です。

 

「病棟はちょっと自信がない」

「小規模な病院でリハビリしたい」

と希望があれば、

クリニックや老人介護施設などでも

募集があります。

 

クリニックでも勉強会や

研修があるなど熱心に

教育しているところもあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

第二新卒の転職は、

教育的なサポートが受けられ、

自分の能力を発揮できる職場と

出会えるかがカギになるといえます。

 

自分の特性を見極めつつ

理想の看護師像を固めて行けば、

難しくないハズです。

 

簡単な道ではありませんが、

第二新卒としての転職が

己の人間力をあげてくれると信じて、

運命の転職先を探してみましょう!

 

 

ジョブデポ看護師の案内 ナースジョブ案内 マイナビ看護師案内