「いまの病院をはやく辞めたいのに、

ピタッとくる転職先の

見つけ方がわからず、

腰が重くて上がらない看護師」

 

まるで自分のことかと

ドキッとしませんでしたか?

 

看護師業界はいつでも

人手不足なので、

看護師を募集していないところは

ありません。

 

ここだと決意して転職したけれど、

思い違いでまた嫌になり再々転職…

看護師の転職失敗あるあると

言えます。

 

星の数ほどある求人数から、

ピタッとくる転職先の見つけ方なんて

存在するのでしょうか?

 

今回は看護師にとってベストな

転職先の見つけ方について

まとめました。

 

重い腰が上がらないと

悩んでいるあなたに、

オススメです!

 
 

看護師の転職先の見つけ方って?

転職サイトに登録して支援を受ける

「転職先の見つけ方」といえば、

T VなどのCMで耳に馴染んでいるのが

転職サイトではないでしょうか。

 

有名な一方で、

「サイトに登録するって
怖い気がする…」

と心配に思うかもしれませんが、

 

転職を支援するプロですので、

素人の転職活動とは

時間も質も差があり、

使うメリットが多いのが特徴です。

    • あなたに担当が1人つき、希望や条件に合った転職先を提供してくれる
    • 相談内容はキャリアや今後のライフプランも含めて対応可能
    • 圧倒的求人数を扱っているため、非公開の求人も紹介できる
    • 見学予約や面接などの手続きも代行し、同行も可能なので心強い
    • 人間関係の実態や口コミなどの内部事情を知っている

 

転職活動に時間がさけない場合や

転職活動が初めてで不安な場合は、

転職サイトに支援してもらうのが

オススメです!

 

知人や友人から紹介を受ける

自分自身の勤め先が

ブラックな環境であれば、

そこを紹介しようとする人は

まずいません。

 

知人など情報筋が確実な

内部事情を入職前に知れることが、

最大のメリットと言えます。

 

職業安定所に通う

職業安定所とは

ハローワークのことです。

 

 

失業中に通って

勤め先を探すという印象が

あるかもしれませんが、

 

在職中でも転職先を探す

転職活動として利用できます。

 

近くのハローワークに出向き、

求人登録するとインターネット上でも

求人検索が可能になります。

 

看護協会から派遣された看護師が

「看護師求人」を扱う

ブースを設置していて、

 

転職についての相談を

受け付けているところもありますので、

のぞいてみるのも一案です。

 

看護協会の紹介サイトを活用する

普段看護師として働く中で、

「看護協会」を使用するのは

研修などが主ですよね。

 

看護師の転職先紹介は

看護協会も実施しています。

 

eナースセンター」という

無料職業紹介サイトが、

各都道府県の

看護協会公式ホームページに

掲載されていて、

会員登録すれば求人情報を

検索することができます。

 

直接求人施設に応募や

問い合わせも可能ですし、

看護協会経由でも受け付けています。

 

看護協会が勧めている施設なので

安心感が得られます。

 

求人情報サイトを活用する

転職サイトと似ていますが、

担当者が付かず、

載せられている求人情報の中から

自身で選択して

応募する点が異なっています。

 

探す手間はかかりますが、

ハローワークや看護協会よりも

求人数が多く、

選択の幅は広がります。

病院のホームページの募集欄から応募する

「近所に気になっている
大きな病院がある」

「オープニングスタッフ募集の
のぼりが立っていた」

など、ライフエリア内に

めぼしい病院がある場合、

ホームページをみてみましょう。

 

募集要項や応募方法などの

掲載ページがあるので、

自身で連絡し応募する方法もあります。

 

看護師にとってベストな転職先を見つけるコツとは

転職活動の前に「自己分析」がマスト!

「いまの病院をはやく辞めたい…」

その理由を冷静に

書き出してみましょう。

 

辞めたい理由がハッキリわかれば、

次の転職先に希望することも

ハッキリしてきます。

 

「なんとなく」で転職活動開始すると、

「高収入」

「残業なし」

「手取り〇〇万円!」

と待遇面の情報ばかりが目に入り、

 

入職してみてからミスマッチに

気付くことになってしまいます。

 

考えるうちに希望条件が

わからなくなることもあります。

 

 

「看護師としてどんな自分でありたいか」

「理想の看護師像」

 

を初心にかえって考えてみましょう。

 

自ずと理想実現できる

転職先の条件が見えてくるはずです。

 

自分自身に合った見つけ方を知る

ここまでで転職先を見つける方法の

メリットとデメリットを

お伝えしてきました。

 

転職先を見つける前に、

見つけ方について知ることが

ポイントです。

 

転職活動がストレスにならないよう、

それぞれの見つけ方が

自分に合うかどうかをみていきましょう。

転職サイトを活用する場合

やはりサポート力や求人数からみても、

転職サイトに登録し

支援を受けるのが一番オススメです。

 

もちろん転職サイトにも

デメリットはありますし、

利用前に知っておくべき

ポイントもあります。

  • 連絡頻度が多くしつこさを感じるなど、担当者と相性が合わない
  • 転職先に求めることを整理しておかないと、合う求人を提供してもらえない
  • ノルマがあるサイトでは、担当者の営業トークにのせられることがある

 

デメリットを回避する方法は、

「自己分析」をしっかり行い

情報整理しておくことのほかに、

「多数の転職サイトに登録し、
相性が良いところを探す」

ことをオススメします。

 

最低3社ほど登録してみると

違いがわかりますし、

提供される求人の特色の差なども

みえてきますよ。

友人や知人に紹介してもらう場合

仲の良い友人であればあるほど、

おすすめされた病院で

あればあるほど、

「いざという時断りにくい」のが

デメリットになります。

 

友人に紹介された異性を

断る時のような気まずさと

言えるかもしれませんね。

 

病院や施設によっては、

紹介した側とされた側に謝礼金を

渡しているところもありますが、

 

目先の欲にとらわれず

冷静な判断を心がけましょう。

 

友人や知人の紹介であっても、

施設の見学は必須です。

 

友人や知人の情報をうのみにして、

入職後に合わなかった場合は

大変なことになってしまいます。

転職サイトや友人の紹介などを受けない方法の場合

担当者や友人といった

「仲介者」が入らない分、

他人を気にせず就職活動が

できることがメリットです。

 

地方で転職先を探すには、

大手の転職サイトでは

掲載されていない、

地元密着の情報が得られることも

メリットになるでしょう。

 

一方でハローワークや看護協会、

求人サイトなどを利用する場合は、

時間と手間がかかることを

覚悟しておきましょう。

 

見慣れない求人票は

見るだけでもどっと疲れてしまいます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

転職先の見つけ方は様々、

相性も様々です。

 

転職サイトは利用したら

必ず就職しなければならないという

縛りはありませんので、

 

条件を満たす転職先が現実的に

どれくらい存在するのかを

知るだけでも利用できます。

 

連絡の頻度が多く

しつこさを感じるときや、

連絡方法をかえて欲しいといった

要望も相談できますので、

気軽に活用することをオススメします。

 

短期間で転職を繰り返すことは

看護師人生において

不利になることもありますので、

運命の転職先に出会えるよう

じっくり検討して行きましょう!

 

 

ジョブデポ看護師の案内 ナースジョブ案内 マイナビ看護師案内