「いまの職場を辞める!」

と決意してから、

すぐに転職先を見つけることが

できるのが看護師という

資格の魅力の一つです。

 

慢性的に看護師不足の病院や

クリニックなどが多いため、

求人も様々ありますが、

 

看護師で転職先を探していると、

「フェア」「相談会」

といったものが開催されているのを

目にしたことはありませんか?

 

「フェア」や「相談会」とは何か、

 

「フェア」や「相談会」を利用して

転職先を探せるのか、

ここではその現状を

お伝えしてきます。

 
 

看護師のフェアや相談会って何?

フェアとは

「看護フェア」

「看護師転職フェア」と呼ばれ、

多数の病院や施設が共同して

行う説明会のことです。

 

多数の病院が集まって

それぞれ説明をすることから

「合同説明会」

言われることもあります。

 

主に看護協会やハローワーク、

転職サイトが主催して行います。

 

病院や施設ごとにブースが設置され、

採用担当の看護師長や

人事の方から施設についての

説明が受けられるようになっています。

 

旗や風船があって

明るい装飾がされていたり、

気軽に声をかけてくれる

スタッフもいたりと、

 

まさに「お祭り」の雰囲気で

楽しく転職活動が行える場です。

 

1度に気になる多数の転職先を

知ることができる上、

オープンな雰囲気なので

気軽に質問もできます。

相談会とは

「看護師就職支援相談会」

「看護師就職相談会」

と呼ばれ、

 

地域のナースセンターや

転職サイトごとの

キャリアアドバイザーが

開催する相談会です。

 

フェアが多数の施設が集合して

合同で行っているのに対し、

相談会は相談員のアドバイスを受けて

転職先を紹介してもらう方法に

なっています。

 

平均的に月に1~2回開催され、

ナースセンターであればハローワークで

開催されていることが多く、

転職サイトは各地域の公共施設や

文化施設などにブースを設けて

実施しています。

 

 

基本的には予約なしで

気軽に参加でき、

1対1でじっくりと

話を聞くことが可能です。

 

施設の概要や人事担当者と

いきなり話すのはちょっと…

と構えてしまう方や

キャリアについて相談したい場合も

活用できます。

 

看護師の転職でフェアや相談会を利用するメリット

フェアを利用するメリット

1度で複数の病院やクリニックの情報が得られる

フェアには多数の病院やクリニックが

参加しているため、

1度に複数の転職先の情報が

得られることが

1番のメリットになります。

 

その施設のパンフレットや

募集要項が知れるだけでなく、

看護師長や人事担当者も

同席しているため、

直接病院の雰囲気や特色を

聞くこともできます。

 

面接では聞きにくいことも知れるチャンスがある

看護師長や人事担当も

同席している場合、

知りたいことを質問する

チャンスがあります。

 

「手取り給与はいくらもらえるか?」

「残業はどれくらいか?」

「有給消化はできるか?」

など、通常の面接では

聞きたいことをストレートに

聞くことは難しいですよね。

 

このフェアでは明るく楽しい

オープンな雰囲気があり、

多数の病院が

集合していることもあるため、

質問もオープンに聞きやすいでしょう。

 

子連れOKや服装自由、履歴書不要など参加しやすい

面接では子供を

預けなければいけなかったり、

スーツを着る必要が

あったりしますよね。

 

フェアでは子連れでも参加でき、

服装も自由で問題なく

参加するハードルが低いため、

 

気軽に参加できることも

フェアの特徴になります。

 

友人と一緒に参加することも

可能ですので、

説明を聞いた病院の感想を

言い合うなど、

情報交換をすることもできます。

 

開催されている回数が多く、フェア参加のお土産もある

これまでは主に日本看護協会や

ハローワークが看護師転職フェアを

開催していましたが、

 

開催される頻度が減少してきており、

最近では転職サイトが

開催するフェアが主流に

なってきています。

 

転職サイトごとにフェアが

開催されているため回数が多く、

素早く転職活動を始めたい人や

情報収集を早く行いたい人には

オススメです。

 

フェアに参加した特典があるのも

メリットです。

 

QUOカードや転職についての

アドバイスがもらえるところもあります。

 

相談会を利用するメリット

1対1で相談でき、アドバイスがもらえる

自分の経歴や

経験分野を考慮した転職先や、

目指すキャリアについても

相談しながら転職先を

紹介してもらうことができます。

 

開催している場所にもよりますが、

プライバシーに配慮して

個室での対応も可能です。

 

転職のプロのキャリアアドバイザーや

相談員が担当のため、

自分に合った転職先を

絞ることができます。

 

電話ではなく直接話せることも、

話しやすいメリットと言えます。

 

自分で聞きにくいことも相談員が確認してくれる

求人票に載っていないことや

不明なことについて、

相談員がその場で病院に電話で

確認をとってもらうことができます。

 

 

例えば

「パートでの募集しか載っていないが正社員での募集はあるか?」

「未経験の分野でも採用は可能か?」

「賞与の実際の支払額の平均は?」

など、

自身で聞きにくいことも

聞くことができます。

 

求人票の見方なども教えてくれるため、

より詳しく条件を調べることが

できるようになります。

 

内部事情についても相談して情報収集できる

相談員は過去に退職した人の理由や、

その職場の人間関係などの

内部情報を持っています。

 

人間関係が原因で

転職を考えている場合、

人間関係の内部事情は

特に重要な情報になりますよね。

 

見学に行っても

なかなか知ることのできない環境に

ついての相談ができるのは

大きなメリットと言えるでしょう。

 

地方開催や、出張で相談会を行っているところもある

地方で病院数が少ないところでは

フェアが行われていないことも

あります。

 

相談会は各地域で

ハローワークを会場にして

開催されていますし、

出張相談会を行っている転職サイトも

あります。

 

 

ハローワーク内で

開催されているものは

求職活動実績1回分になるので、

求職者にとってありがたい

システムと言えます。

 

フェアと相談会、どっちを利用するべき?

同じく転職先を見つける方法なら、

フェアと相談会のどちらを

利用するべきか迷う方も

多いのではないでしょうか。

 

それぞれのメリットを踏まえて

どちらが向いているかを

以下にまとめました。

 

フェア利用が向いている人

  • 子連れで参加したい
  • 1人で参加するのに不安がある、友人と参加したい
  • 1度に多くの転職先の情報が知りたい
  • 情報の中から自分で選択して決断できる
  • 師長や人事担当者など、病院関係者と直接話がしてみたい
  • 自分に向いている転職先の傾向はだいたい解っている
  • 手軽に転職活動を始めたい、すぐに始めたい

相談会利用が向いている人

  • 優柔不断でなかなか決められない
  • 自分では聞きにくい内容も確認しておきたい
  • 今後のキャリアをどうするか悩んでいる
  • 転職先をじっくりと考えて決めたい
  • 電話ではなく対話で相談したい
  • 病院の内部事情も情報収集しておきたい
  • 求人票を読むことや転職先の候補を絞るのが苦手

まとめ

いかがでしたでしょうか?

転職先を見つける方法は

様々ありますが、

 

フェアや相談会を利用して

探すのも良い方法と言えます。

 

どちらを利用しても1人で

転職活動を行うよりも効率がよく、

仕事をしながらでもスムーズに

情報収集を行うことができます。

 

それぞれのメリットを踏まえて

合う方にぜひ参加してみてくださいね!

 

日程を合わせることが難しく、

転職活動に時間を

かけれないという方は

転職サイトを利用するのも

オススメです。

 

ジョブデポ看護師の案内 ナースジョブ案内 マイナビ看護師案内