看護師という仕事は、

通常業務で名刺の交換を

することはないので、

「自分の看護師レベルや経験値」を

自己紹介することは

ほとんどないのが普通です。

 

転職に必須の履歴書は、

いままでの経歴や看護師の経験値と

志望動機を応募先に

自己紹介するので、

看護師にとっては名刺の代わりとも

いえるでしょう。

 

実際は転職で履歴書に書く内容を

考えるのはむずかしさを感じ、

白紙のままの志望動機欄を

眺めるだけで時間が経ってしまうことも

あるのではないでしょうか?

 

 

「経験がある分野だけれど、履歴書に書くほどの自信はないかも…」

「マイナスな理由で前職場を辞めたから、志望動機もマイナスなものしか浮かばない」

「履歴書が久しぶりすぎて、書き方がわからないから例文がみたい」

そんなあなたの悩みにお答えして、

志望動機も難なく書き出すための

情報を集めました。

 

活用できる例文もお伝えいたします。

 
 

履歴書に志望動機を書く基本的ポイント

履歴書を書く…前に!

応募先の病院の特徴をおさえる

履歴書は看護師にとっての

名刺とお伝えしましたが、

ただ自己紹介するのではなく

「採用するとメリットがある人材だ」

と思わせることがポイントです。

 

「自院について把握は充分か」

「保持しているスキルは自院にとって有用か」

等をチェックされるので、

履歴書を記載する準備段階として、

初めに病院の特徴をおさえて

復習しておきましょう。

 

求めている看護師の特徴と自分をマッチングする

看護師の求人は多く存在しますが、

看護師なら誰でもOKではないのが

現実です。

 

人員不足が深刻で、

「経験者求む!」と

看護師募集しているのに、

 

未経験分野での技術と

知識獲得を望んで応募しても

合格がもらえることは稀です。

 

もし向上心を買われて

採用してもらえたとしても、

人手不足から充分な指導を

受けられず望まない結果に

なることもあるでしょう。

 

 

募集する看護師の特徴は

様々ですので、

募集要項や求人などで

経験値と募集看護師の特徴が

相応するか、確認しておきましょう。

 

将来の看護師像を明確にする

応募する病院と

募集看護師内容を把握したら、

自身の将来の看護師像を

具体的に描きましょう。

 

限りある時間でも、

やりがいを感じる

看護師の仕事はあります。

 

 

「救急救命のエキスパートになりたい」

「在宅支援に強い看護師でありたい」

「家庭や育児も優先しつつ、向上心を持った看護師でありたい」

と、行く先の看護師像が描ければ、

志望動機にも具体性が生まれます。

 

履歴書は手書きとパソコン、どちらが良いの?

履歴書は、手書きと

パソコンどっちで書く予定でしょうか?

 

いままでは

「時間がかかっていて熱意を感じるのは手書き」

と捉えられていました。

 

近年はレポートなどの提出物は

パソコンが主流です。

 

履歴書に関しても、

パソコンでの記載をオススメします。

 

 

手書きは文字数もボリュームがあり、

気持ちを込めて書いたという

アピールにはなりますが、

 

一方で手書きの文字列は

読みにくいものです。

 

書き間違えれば、

はじめから書き直す手間もいります。

 

在職中の転職活動ならば、

手書きでの履歴書作成は

一番の労力になるでしょう。

 

あなたの文字が綺麗で

読みやすいならば、

手書きで作成する方が

効果的になります。

 

大半がパソコン作成された

履歴書の中で、

綺麗な手書き文字の履歴書は

目立ちますし、

字が綺麗なことは充分な特技です。

 

抽象的なフレーズは使用しない

「貴院の理念に共感しました」

「将来性がみえました」

等の抽象的でよく用いられる

フレーズは避けましょう。

 

具体性のないフレーズで

印象に残らず、

個性も薄れてしまいます。

 

共感したところや、

将来性を感じた項目など、

率直な自分の意見を

伝えることがベストです。

「頑張りたいです」「勉強させてもらいたい」はNGワード

新卒新人であれば、

前向きなやる気を表す言葉ですが、

経験ある看護師は使用を避けましょう。

 

謙遜のつもりでも、

消極的に見えてしまい

マイナスイメージを与える

危険性が高いです。

 

中途採用では即戦力が

求められますので、

未経験分野への挑戦であったとしても

主体性を強調して

学ぶ姿勢を表すことが

効果的といえます。

 

嘘は記載しない

志望動機だけでなく、

履歴書全体の大前提です。

 

採用されたいがために

誇張したくなるかもしれませんが、

採用担当者には見抜かれます。

 

入職後に嘘が発覚して大問題に…

という可能性もあるので、

素直な自分自身で勝負しましょう。

 

ケース別例文

第二新卒の転職

看護師としての経験が浅いので、

知識や看護技術を取得できる

教育環境にある貴院に魅かれて

応募しました

OJTや研修などの看護教育体制が
充実する貴院で、
1日でもはやく即戦力として
活躍可能な看護師になるようス
キルを磨きたいです

総合病院で多彩な科目や
症例を経験して、
看護師のキャリアの土台を
築きたいです

家庭優先、子育て優先などのワークライフバランス目的

子育て中のナースが
複数在籍すると伺い、
仕事と育児の両立ができる
貴院の環境であれば長
期的に働けるため志望しました

これまでの経験や知識を活用して、
回復期のリハビリテーションに
取り組んでいる貴院で
即戦力として活躍したいです

通勤面もサポート面も
整った環境である貴院なら
家庭と仕事とを両立できます。
ワークライフバランスを保ちながら、
看護師としてあらたに
チャレンジしたいです

人間関係が原因で前職場を退職したなど、消極的な理由での転職

周囲のスタッフと一丸となって、
チームワークが円滑な看護を展開し、
チーム医療の一員としての
看護師スキルを高めたいです

療養型の看護分野で
患者1人1人とゆとりを持って
関わる看護が実践したいと
志望しています

看護師はチームワークが
重要なため、
退職率が低く明るい病棟の
雰囲気を持つ貴院に魅かれました

※もともとの転職理由が

マイナスなものだったとしても、

ストレートにそのままを記載するのは

避けましょう。

 

前向きな志望動機になるように

ポジティブな内容に変換しましょう。

 

経験済みの分野でさらなるキャリアアップを目指したい

救急救命看護の
スペシャリストとして
さらなる経験を積みたいです。

HPや病院見学した救急件数の
実績内容から、
最新の救急医療に触れるチャンスだと
感じ応募しました

現在勤務している病棟で
多種多様な患者と関わり、
看護スキル不足を痛感したため、
更なるスキルアップするために
貴院に就職を志望しました

未経験分野にチャレンジしたい

初めて経験する外科部門ですが、
手術後の患者をサポートして
社会復帰をうながす看護に
心うたれました。

専門性を1日でもはやく習得し、
1人1人の患者の身体的、
精神的サポートを行える
看護師になりたいです

看護師を長く経験し、
あらたな領域に挑戦して
看護師のレベルアップを
図りたいという
思いを強く持っております。

貴院の充実した教育環境で、
経験を活かしつつ経験のない分野で
看護スキル向上することが目標です

まとめ

いかがでしたでしょうか?

志望動機の書き方のポイントと

例文をお伝えしました。

 

アレンジがききますので、

ぜひ自身の状況に合わせて

変更して活用してみてください。

 

熱量のある志望動機を書くためには、

転職先で看護師として

活躍する将来をイメージすることが

大切です。

 

これまでの経験や知識、技術は

必ずあなたの強みになります。

 

入念な事前準備を行えば、

もう履歴書も志望動機も

怖いものはありません。

 

転職サイトに登録すると

転職エージェントがついて

志望動機を含めた履歴書の書き方も

支援してもらえますので、

どうしてもいい動機が浮かばなければ

転職サイトの活用もオススメです。

 

ジョブデポ看護師の案内 ナースジョブ案内 マイナビ看護師案内