新人看護師としての就職活動では、

説明会等に参加して、

希望する就職先に直接応募するのが

一般的な流れです。

 

新卒以外の看護師が転職する時は、

直接応募することは

可能なのでしょうか?

 

看護師の転職といえば、

転職サイトやハローワークなどを

利用することが勧められている今日、

直接応募をしていいのかも迷いますし、

不安を感じるかもしれません。

 

転職が初めてであればなおさらです。

 

この記事では、看護師が転職で

直接応募してもいいのかどうか、

ポイントと注意点について

お伝えいたします。

 
 

転職したい看護師が直接応募するメリット

他に求人掲載をしていない施設に応募できる

転職といえば転職サイトや

ハローワークが有名ですが、

その理由は扱う求人数が

多いからです。

 

面倒である見学日程調整や

面接の同行サポートをしてくれるのも、

転職活動に転職サイトが

利用される大きな理由といえるでしょう。

 

実は転職に強い転職サイトや

ハローワークでも、

取り扱っていない求人もあります。

 

大学病院公立系病院

転職サイトなどの人材紹介会社を

利用することは少なく、

 

入職するためには

直接応募しか方法がなく、

入職試験を受けなければならない

病院もあるのです。

 

大学病院や公立系病院を

志願するならば、

直接応募することがメリットになります。

 

直接応募を優遇する病院も存在する

ほとんどの病院が人手不足のため

看護師を募集していますが、

転職サイトなどに求人を掲載し、

 

転職したい看護師を

紹介してもらうと

「人材紹介手数料」

がかかることが一般的です。

 

病院側としては

直接応募してくれると

転職サイト側にその手数料を

払う必要がなくなるため、

直接応募の希望者を

優遇している病院もあります。

 

病院によっては

「直接応募者優遇」

とHPに載せて直接応募を

募集しているため、

 

採用されるかどうかは

経験値や条件などだけではなく、

応募方法も少なからず

影響しているのです。

じっくり時間をかけて転職活動ができる

転職サイトは様々な

サポートが受けられる一方で、

自分のペースで

活動できないという一面もあります。

 

電話連絡の頻度が高かったり、

回答を急かされたりすることもあります。

 

転職先についてじっくり時間をかけて

自分のペースで考えて

転職活動を行いたいならば、

直接応募の方がメリットが

大きいでしょう。

 

転職したい看護師が直接応募するデメリット

条件など細かいことが聞きにくい

転職を考えるとき、

失敗した転職にならないように

求める条件は様々ありますよね。

 

全てが求人票や募集要項には

載っていませんし、

なかには

 

「状況による」

「業績による」

等、詳細が書かれず

不明瞭なこともあります。

 

病院側は就職者数を集めたいので、

施設の良い点ばかりを伝えるのは

当然の傾向ですし、

応募側から手取り給料や

待遇について交渉できることは

なかなかありません。

 

面接中に給与面などの待遇について

単刀直入に質問すること自体、

一般的には良い印象を与えません。

 

転職先の細かい条件と

自分の希望が

マッチしているかどうかについて、

ハッキリと聞くことが難しいのが

直接応募の一番の

デメリットになります。

採用結果が合格だった時にお断りしにくい

どこに採用されるかわからないため、

同時に複数の病院に

直接応募することもありますよね。

 

見学に行くだけのつもりが、

そのまま面接することになり

その場で採用されることが

決まってしまう…

といった話もあります。

 

採用担当する面接者は

看護部長などの偉い方であることが

ほとんどですから、

偉い方々から採用すると言われたら

断りや保留の返答が

しにくくなってしまいます。

 

転職先を複数考えている場合は、

保留や断りの返答がしにくい可能性が

あることも考えておく必要があります。

人間関係などの内部事情がわからない

病院見学すると、

大体の病棟や外来の雰囲気は

つかめますが、

実際のコミュニケーションなど

内部情報まで把握することは困難です。

 

採用担当者も各病棟の

細かい人間関係まで

把握することは難しいですし、

 

応募者にとって

マイナスイメージになる情報は

わざわざ伝える必要はないと

考えるのが一般的でしょう。

 

知り合いなどが勤めているならば

内部事情を知ることも可能ですが、

HPやネットからの直接応募の場合は

内部事情を知ることは難しいでしょう。

 

直接応募した方がいい看護師としない方がいい看護師の違いって何?

直接応募した方がいい看護師

転職先に大学病院、公立系病院を考えている

他のサイトなどに求人を載せずに

HPからの応募のみを

受付するところや、

 

採用試験を実施している病院も

あるため、

大学病院や公立系病院に

転職したい看護師には

直接応募が合っています。

 

応募したい病院が明確に決まっている

応募したい病院が

ハッキリしているなら、

転職サイトなどの仲介会社を通す

手間よりも直接応募する方が

スムーズに就職活動できます。

 

直接応募してくる応募者を

優遇する病院もあり、

採用される率が高くなる可能性も

あります。

 

焦らずに確実に転職活動したい

時間をかけて慎重に

転職先を決めたい場合は、

直接応募して情報収集をする方が

合っている看護師もいます。

 

見学~面接までも

自身でスケジューリングできますし、

向かない病院を

紹介されてしまうことや

答えを急かされる負担もなく済みます。

自分で細かい条件について聞ける

コミュニケーション能力に長けていて、

条件や待遇について聞きにくさを

感じずにうまく聞ける話術を持った

看護師もたくさんいます。

 

スキルがあれば直接応募して、

希望の条件になるかの交渉も

できるでしょう。

 

直接応募しない方がいい看護師

条件優先で転職先を決めたい

転職するからには、

いまの職場よりも良い条件の職場に

行きたいですよね。

 

どこの病院で働きたいかよりも、

条件面を優先して転職先を

求めるならば、

直接応募よりも多数の求人情報を

もつ転職サイトなどの

利用がオススメです。

短期離職歴や転職回数が多いなど、転職にとって不利な立場

直接応募は人材紹介手数料が

かからないとはいうものの、

短期での離職や転職を

何回もくり返している看護師を

ストレートに採用する病院は

少ないです。

 

短期間での離職や複数回の

転職理由がポジティブなもので

あったとしても、

「自院もすぐ辞めるのでは…?」

と採用側にとっては

不安要素になります。

 

転職するにあったって

不利になる立場でしたら、

転職エージェントのサポートを受けて

文字や言葉で伝えきれない分を

カバーしてもらう方が

成功する確率は上がるでしょう。

 

面接で失敗をくり返している

面接での失敗してしまい

採用されない看護師もいます。

 

苦手意識を持ってしまい、

どうしてもうまくいかない時は、

直接応募ではなく

転職サイト経由した方がいいでしょう。

 

転職サイトの担当者は

面接に同行するだけでなく、

 

面接終了後に応募者と

別れたあとに病院に戻って

「とても緊張していたようですが、◯◯と伝えたかったのです」

と、応募者のフォローをしてくれます。

 

心強い同行者がいることで、

緊張感がほぐれ苦手意識を克服して

面接に臨めるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

転職を考えた看護師が

直接応募していいかどうかについて

お伝えしました。

 

今や転職というと

転職サイトを利用することが

主流になっているといえますが、

直接応募する看護師も一定数います。

 

自身の特性を考えたうえで

転職先の種類にあわせて、

直接応募するか

転職サイトなどを活用するか

選んでくださいね。

 

ジョブデポ看護師の案内 ナースジョブ案内 マイナビ看護師案内