看護師が転職活動中で

最も重要視するのは、

「次に自分の条件に合う転職先が
見つかるか」

だという人がほとんどでしょう。

 

転職後にすぐ働きだす方も、

看護師勤務をしばらくお休みする方も、

転職のスタイルは様々あります。

 

転職するかしないかに関わらず、

退職した時に「届出」

必要になったことはご存知でしょうか?

 

今回の記事では、

看護師が転職する時に

必要な届出とは何か?

 

届出内容や目的についても

お伝えしていきます。

 
 

届出制度ってなに?

看護師の「届出制度」とは、正式には

「看護師等の届出制度」

というもので、

 

2015年10月1日に改正された

「看護師等の人材確保の促進に
関する法律(人確法)」

という制度です。

 

 

「看護師等」の対象となるのは

「保健師・助産師・看護師・准看護師」

の資格保持者で、

いまの職場を退職した際に

氏名や連絡先を届出することが

努力義務化されました。

 

免許があっても、

看護職の資格を使って働いていない

「潜在看護職」

と呼ばれる方々も

届出する必要があります。

 

届出制度って、どこになにを届ければいいの?

届出先は?

離職したら速やかに

「都道府県ナースセンター」

に届出が必要になります。

 

都道府県ナースセンターとは、

都道府県に委託された

都道府県看護協会が運営する

ナースセンターです。

 

同じく「中央ナースセンター」と

呼ばれるセンターもありますが、

こちらは厚生労働省に

委託された日本看護協会が

運営するナースセンターです。

 

届出内容は?

必要な届出内容項目は以下です。

  • 氏名、生年月日、住所
  • 電話番号、メールアドレス
  • 保健師籍、助産師籍、看護師籍または准看護師籍の登録番号と登録年月日
  • 就業に関する状況

 

これらの届出をした後に

引っ越しや結婚などで

変更する必要がある場合、

 

再度届出をすることも

法律上の努力義務の中に

含まれています。

 

上記に加えて、

届出側の看護職に対して

充分な支援を迅速に

行えることを目的として、

次の内容が任意項目として

設けられています。

  • 職歴
  • 離職年月日
  • 復職の意向
  • 無料職業紹介への登録希望

 

届出方法は?

職場を辞めた際に勤めていた施設が

本人の代わりに届出をする方法と、

退職した本人が直接届出を行う

2つの方法があります。

 

職場を辞めた際に勤めていた施設が本人の代わりに届出する場合

人確法では、

病院の開設者や保健師、助産師、

看護師、准看護師の学校

および養成所の設置者に対して、

適切に届出がされるように

サポートして欲しい旨が

記されています。

 

支援方法の1つに本人に代わって

届出できる方法があり、

勤め先が最寄りのナースセンターに

対象者をまとめて

届出することができます。

 

代行届出方法は、

Web上で入力して行う方法と

紙面を取りまとめて直接届出する

方法の2種類あります。

 

退職した本人が直接届出する場合

個人で行う届出は

次の方法で提出できます。

    1. 看護師等の届出制度を取りまとめる届出サイトの「とどけるん」に、パソコンやスマートフォンから登録する
    2. 最寄りのナースセンターへ出向き、窓口に届出票を提出する

届出票はナースセンターにも

ありますし、

インターネットから印刷して

予め記載することもできます。

ナースセンターって何?

転職活動でよく耳にする

「ナースセンター」ですが、

どんな実態なのかは

知らない人も多くいます。

 

ナースセンターとは人確法をもとに

設立された機関です。

 

都道府県ナースセンター

47都道府県にある看護協会が

各都道府県知事に委託されて

運営しており、無料職業紹介などの

「ナースバンク事業」や

「訪問看護支援事業」、

「医療職の心の健康づくり支援事業」

等を実施しています。

 

中央ナースセンター

日本看護協会が厚生労働省に

委託されて運営しており、

無料職業紹介サイトの

「eナースセンター」の

運営やシステム管理を実施しています。

 

 

ナースセンターの事業は、

「届出制度の普及」と

「復職および就業支援」の

2つを柱として活動しています。

 

看護職の離職と潜在化を

予防するためのサポートを実施して、

生涯看護職として就労するために

支援することが目標です。

 

届出するとどうなるの?

転職先を探すだけじゃなくて、退職自体にも労力がいるのに、わざわざ届出するなんて面倒だな

と考えてしまう方もいるかもしれません。

 

なぜ面倒に感じる届け出を

しなければならないのでしょうか?

 

看護師等の届出制度は、

看護職がナースセンターに

登録することで、

 

 

退職後に迅速な復職へのサポートが

行えることや

今後のキャリア支援を

実施できることを目的としています。

 

 

届出制度が作られる前は、

退職後の所在や状況の把握ができず、

サポートが必要な状況かも

わからないため再就職への

サポートが困難な状況でした。

 

少子高齢社会になるにつれて、

看護を必要とする人と

看護を担う人のバランスが

崩れていくことが予測される現在、

 

看護職の人材確保を確実に

進めるために、

 

資格を持っているけれども

就労していない「潜在看護職」の

復職を支援することが重要になります。

 

届出制度の導入によって、

潜在看護職の復職を

支援するだけでなく、

潜在化防止も期待できるといえます。

 

届出をした看護職には、

 

最新医療の知識や

技術を学ぶ研修会や

ブランクを持つ看護職の

交流会などの情報が

タイムリーに提供される

というメリットがあります。

 

復職を希望すれば、

無料職業紹介や復職支援研修など

既存の事業を活かして

丁寧で迅速なサポートが行えるような

仕組みになっています。

届出制度についての疑問・質問

厚生労働省のHPには、

届出制度についてたくさんの質問が

寄せられています。

 

簡単にまとめましたので、

ぜひ参考にしてください。

Q .看護師を辞めてから何年も経つが、届け出は必要?
A.現時点で看護職に就いていない場合は届出の対象者になります。

Q.定年退職での離職は届け出の対象になる?
A.法律上では届け出に対して年齢の制限がないので、届け出が必要です。

Q.いまの職場を辞める予定があるが、次に就職する病院が決まっていても届け出は必要?
A.法律上では「離職した時に届出が必要」なので、次に就職する病院がある場合でも届出が必要です。届出票の「就業に関する状況」という項目で、「就業中・就業予定」を選んでください。

Q.転職サイトを利用していて転職活動をしているので、ナースセンターからの支援は必要ない場合は?
A.復職支援は「就業に関する状況」の項目の回答内容に沿って支援するので、就業予定があると回答すると支援は行いません。

Q.届けを出した後すぐに復職支援をしてもらうことはできる?
A.届出票で無料職業紹介事業への登録を希望していただくと、職業紹介サイトのeナースセンターに登録され、求職活動を行うことができます。直接相談したい場合は、電話で問い合わせるか窓口で希望してください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、

看護師が転職する時に

必要な届出とは何か?

 

届出内容や目的について

お伝えしました。

 

看護師はいつの時代も人員不足で、

求人を出す施設は数多く、

転職先は選ぶほどあります。

 

毎年新人看護師が

誕生しているにも関わらず、

これだけの看護師不足が

叫ばれていることを考えると、

 

潜在看護職の復職が

鍵であることがわかります。

 

転職サイトを活用して

転職先を探す場合も、

 

いま勤めている職場を辞める時には

届け出ることで看護師業界の

人材確保のサポートができますので、

 

看護職の人員確保に

ぜひ協力しましょう。

 

ジョブデポ看護師の案内 ナースジョブ案内 マイナビ看護師案内