看護師は国家資格で就職に

有利な資格と言われていますが、

さらに看護師が転職する時にも

有利な資格があるのは

知っていますか?

 

今回は、看護師が転職する時に

有利な資格を5つご紹介していきます。

 

これらの資格を持っていれば、

できる仕事の幅が増えるだけでなく

希望する領域に

従事することもできるので、

転職やキャリアアップを考えている

看護師さん必見です。

 
 

看護師の転職 クリニカルスペシャリストとは?

クリニカルスペシャリストって何?

看護師の転職先を探す上で、

「クリニカルスペシャリスト」

の選択肢が

上位に出てくることは少ないため、

聞き馴染みのない

言葉かもしれません。

 

「クリニカルスペシャリスト」とは、

病院やクリニックなどの

いわゆる臨床で

勤務するのではなく、

 

医療機器などを扱う企業に就職し、

看護師の経験や知識を活かして

機器の営業販売や開発になどに

携わる仕事内容なのです。

 

臨床で看護師として働いていると、

心電図モニターや輸液ポンプなど

様々な医療機器が治療や検査に

用いられていることに気がつくでしょう。

 

むしろ、機器なしでは患者の看護や

管理は行えないとも言えます。

 

 

それらの機器開発や管理には、

現場で取り扱う看護師の生の声や

実際に管理してみて

生じる不具合などの情報が

とても重要になりますので、

 

これまでの看護師の経験を活かして

有利に転職できるでしょう。

 

クリニカルスペシャリストは

機器を売る営業と

勘違いされることもありますが、

厳密には直接販売する営業とは

少し違います。

 

営業チームと協力して

医療従事者に説明会や

研修会を開催したり、

営業に同行して専門的な立場から

販売活動を支援したりと、

 

その企業の営業活動全般を

サポートする役割を担う、

営業支援の仕事となっています。

 

とは言え、直接販売などの

営業はしないものの、

その企業にとっての収益がなければ

給与ももらえないので、

営業的なマインドは必要になるでしょう。

 

どんな看護師が向いているの?

クリニカルスペシャリストへの

転職が向いている看護師の特徴は

以下です。

  • 呼吸器やモニターなど、機器の管理をするのが好き
  • 患者とのコミュニケーションは苦手
  • じっくり時間をかけて根拠などを調べたり考えたりするのが好き
  • 夜勤がなく土日休みの仕事に転職したい
  • 一度はOLみたいに会社勤めすることに憧れている
  • 手術室などシステマチックな環境が好み
  • 1人の患者とじっくり向き合うよりたくさんの患者の役に立ちたい

看護師が転職するケアマネージャーとは

「ケアマネージャー」

よく聞く職種ですが、

実際にどんな業務内容かは

漠然としている方も

多いのではないでしょうか?

 

「ケアマネージャー」は、

正式名称は「介護支援専門員」といい、

要介護者や要支援者に対して、

日常生活を営むために

必要な支援が受けられるよう、

 

相談に乗ったりケアプランを

作成したりすることが

主な仕事内容です。

 

他にも、要介護認定の書類作成を

本人や家族に代わって作成したり、

 

 

介護サービスが円滑に

提供されることを

目的として開催される、

 

利用者本人や家族と

サービス提供責任者などが集まって

話し合う会議を取りまとめたりもします。

 

要介護者や要支援者の多くは

病気が原因で介護が

必要な状態になります。

 

看護師は入院中から退院後の

生活を見据えて自立支援をするため、

ケアマネージャーは転職後にも

看護師の経験と知識が

充分に活かせる資格になります。

 

ケアマネージャーになるには?

ケアマネージャーになるためには、

看護師としての実務経験が

5年以上必要になります。

 

実務経験があれば

介護支援専門員実務研修受講試験を

経て、一定期間の実務研修を

受けた後にケアマネージャーになる

試験が受けられます。

 

どんな看護師がケアマネージャーに向いている?

  • 土日休み、夜勤のない勤務を希望している
  • コミュニケーション能力が高い、人と話をすることが好き
  • 直接の身体介護よりも、家族を含めて全体的に利用者のサポートがしたい
  • 腰痛など体の不調があるため、看護師として臨床で働くことが辛い
  • 人と人の橋渡し役が得意

看護師の転職に人気 保健師

保健師とは?

看護師は「病気に対する治療」を

行う業務内容ですが、

 

保健師

「病気にならないための予防」

主に行うのが仕事です。

 

具体的には

保健所や市区役所に所属し、

 

子供からお年寄り、

健常者から障害者まで

幅広い層を対象として

地域住民に身近な

保健福祉サービスを行っています。

 

 

病気の症状や治療を

知っていた方が予防も行えるので、

看護師としての経験や知識を

活かせる資格です。

 

また実際に看護師を兼務して

活躍する保健師も多数存在します。

 

保健師になるには?

4年制の看護大学や看護学部では、

4年目に保健師か助産師の

資格を取得するチャンスがあるため、

 

保健師の資格を持ったまま

看護師として働いている人も

たくさんいます。

 

短大や専門学校を卒業した

看護師の場合は、

 

1年間大学に通って

講義と実習を受けて

受験資格を獲得し、

保健師になるための試験を

クリアする必要があります。

 

看護師から保健師に転職する理由は?

  • 予防医療に興味がある
  • 区役所などで務める保健師として、公務員になりたい
  • 保健師として学校に勤務したい
  • 夜勤や直接的な身体介護をすることなく地域住民の健康をサポートしたい

看護師の転職 認定看護師とは?

認定看護師も看護師が取得できる

人気の資格です。

 

特定の看護分野に対して

熟練した看護技術と知識を

持っているのが認定看護師の資格で、

患者への技術と

知識の提供はもちろん、

 

地域住民への

疾病予防のための講習会や

看護師などの医療スタッフへの

学習会を行うこともあります。

 

 

認定看護師を中心としたチームでの

プロジェクトが組まれることも多く、

興味のある分野で

活躍することができ、

やりがいもより一層感じるでしょう。

 

認定看護師になれる看護分野は、

救急看護から

皮膚排泄ケアに至るまで

21分野にも分かれているので、

興味のある分野を見つけやすいことも

人気の理由です。

 

認定看護師になるには?

認定看護師を目指すには

少し長い道のりになります。

 

まずは、看護師資格での

実務経験が5年以上、

さらにそのうちの3年は

希望する専門分野での

勤務経験が必要になります。

 

 

そこから希望する分野の

「認定看護師教育課程」

のある大学に受験し、

 

合格して約半年間の

講習と実習を受け、

「認定看護師認定審査の受験資格」を

取得します。

 

この認定看護師認定審査に

合格すると、晴れて

認定看護師の資格を

持つことができるのです。

 

認定看護師が転職に有利な理由

  • キャリアアップが望める
  • 得意な分野に従事でき、興味のない分野の病棟へ移動する心配がない
  • 手当が付くため収入が増える
  • 実働勤務以外での収入を得る手段にもなる
  • 認定の活動を優先するため、夜勤免除など通常業務の調整依頼ができる
  • 認定看護師はどこの病院でも優遇される

看護師が転職するなら専門看護師

認定看護師の他に、

専門看護師という資格もあります。

 

こちらはいわゆる「狭き門」で、

看護師の中でもその分野を極めた

エキスパートなため、

希少な資格です。

 

 

専門看護師を取得するためには、

認定看護師と同様の実務経験に加えて

大学院に2年間通う必要があり、

 

指定の分野も12分野と

狭いことからも難易度が高い資格と

いわれています。

 

専門看護師の役割は

患者への看護技術や

知識の提供だけでなく、

 

患者家族や地域への教育と情報提供、

地域全体での看護の質の向上を

目的とした看護職への教育も

含まれています。

 

 

難易度が高く希少な資格ですから、

専門看護師としての転職では

厚遇されることは間違いないでしょう。

 

専門看護師に向いているのはこんな看護師!

  • より専門的に1つの看護分野を極めたい
  • エキスパートを目指すために時間や費用は惜しまない
  • 看護研究が好きで、研究結果を看護ケアに活かしたい
  • 高度なキャリアアップを目指したい

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、看護師が転職する時に

有利な資格を5つご紹介しました。

 

看護師というだけでも

転職に強い資格ですが、

環境が変われば弱みは

強みにもなります。

 

「看護師が向かないのでは…」と

悩んで転職を考えている方は、

臨床以外で活躍できる資格を

目指してみるのも一案です。

 

ジョブデポ看護師の案内 ナースジョブ案内 マイナビ看護師案内