看護師は他の職業と比較しても

転職回数の多い職業です。

 

看護師はどこの病院でも

慢性的に不足しているため、

病院の数以上に求人があり、

転職先には困らない職業とも

いえるでしょう。

 

それだけ多くの看護師が

転職したくなる理由は

どんなものが上位に

ランキングにされているのでしょうか?

 

今回は、

看護師が転職する理由の

上位にあげられるランキング4つに

ついてお伝えしていきます。

 

転職を考えて

悩んでいる看護師さんは、

ランキングに上がっている理由が

共感できるか、

自身の理由と比較してみてくださいね。

 
 

看護師に向いていないから転職したい

「向いていないのではないか」という理由は新人に多い

新人看護師のうちは

誰しも指導されるのが当たり前ですが、

出来には個人差があります。

 

看護師は勤務する中で

多重課題をクリアしなければ

ならないため、

勉強も出来て要領もいい

「器用な人」が

向いている傾向にあります。

 

しかし、看護師も人間ですから

様々なタイプの人がいます。

 

同じ新人でも同期と比較して

劣っていたり、

先輩から指摘されたりすることが多いと

「看護師が向いていないのかも…」

と思ってしまう原因になります。

 

先輩から指導を受ける中で

「向いていないんじゃないの?」

とストレートに言われてしまい、

ショックで看護師を

続けられなくなってしまう

ケースもあります。

 

逆に、人から指摘されなくても

自身で向いていないと

感じることもあります。

 

看護師は学生のうちから

臨床実習があり病院で

看護実践を行いますが、

 

実際に学生で行う看護と

就職してから行う看護には

差があるため、

 

「この仕事は向いていない」

と感じてしまうことも多くあります。

 

部署移動でも感じやすい「看護師向いていないかも」

新人以外でも自分が

看護師に向いていないのではと

思うことはあります。

 

認定看護師や専門看護師など、

1つの分野に特化した

専門性のある資格を持つ

看護師でない限り、

大きな病院では病棟が変わる

部署移動が定期的に行われています。

 

 

今までは問題なく働けていても、

移動先が未経験の領域だった

場合にはなかなか慣れずに

「この領域は合わない」

「向いていない」

と感じることもあります。

 

例えば、内科しか経験したことのない

看護師が外科に移動した場合、

 

診療科が違えば病棟の雰囲気も

看護展開も異なるため、

慣れるまで時間がかかりますし、

実際に外科系が向かない

看護師もいます。

 

看護師を転職したのはつらいから

勤務がつらい

看護師は日勤と夜勤があり、

昼夜を通して働く過酷な勤務を

こなしています。

 

特に夜勤をすると

体内のリズムが狂ってしまうため、

体調を崩してしまう看護師も

多くいるのです。

 

夜勤をやることが

常勤の条件になっている病院も多く、

簡単には夜勤免除は

してもらえませんので、

勤務調整してもらえる病院を

探して転職することもあります。

 

大きな病院では

カレンダーに関係なくシフトが組まれ、

どんなシフトになるかは

作成する師長の力量に

左右されることもあり、

 

シフトを組むのが下手な師長の元では

より一層勤務することに

つらさを感じるでしょう。

給与が低くてつらい

「きつい・汚い・危険」

の3Kとは労働条件の厳しい

職種の呼称であり、

看護師もその中の1つとして

扱われています。

 

看護師は高給取りの

イメージもありますが、

3Kであることを考えると

給与が低いと感じる人もいます。

 

実際は病院によって

手取り給与額は様々ですので、

より良い待遇を求めることも

転職の理由になります。

患者との関わりがつらい

病んでいる人を支えるためには、

負を受け止め正で返すような

精神力が求められます。

 

特に、精神科や認知症病棟などの

心の病を抱える人との関わりは、

受け止める負の部分が多いため、

つらく感じてしまうこともあるでしょう。

 

看護師は様々な働き方ができるため、

対象は病院に関係する患者以外にも

たくさんいます。

 

予防医療や健康促進などの

方向性に進めもうと希望して

転職する看護師もたくさんいます。

 

看護師が転職する理由は疲れたから

看護師は日々勉強が必要なため疲れてしまう

日進月歩で進化する医療に

ついていくために、

看護師は日々勉強する

必要があります。

 

1つの分野でも

「極めた!」

と自信をもてることは少なく、

プライベートな時間を使って

勉強会や研修、セミナーに参加して

学習することが求められるのです。

 

毎日の業務で

疲れてしまっている場合は、

この勉強がより疲れを

助長させてしまい、

 

転職してゆとりを持って働ける

緩やかな環境求める結果に

なるでしょう。

 

仕事と家庭の両立が大変

看護師は頭脳を使うだけでなく、

ほとんど立ちっぱなしの肉体労働です。

 

仕事だけでクタクタになり、

家庭や育児がしんどくなってしまうと

ワークライフバランスが崩れ、

人生自体が疲れるものに

なってしまいます。

 

 

仕事と家庭を両立するためには

体力も必要ですから、

家庭を優先するために

働きやすい環境に変えることも

転職に多い理由です。

 

仕事以外での委員会活動など

看護師はプライベートな時間を

自身の勉強以外にも

使わなければならないことも

多くあります。

 

病棟会と呼ばれる

病棟スタッフ間での会議は

業務終了後の時間外に行われますし、

原則休みでも

出席しなければなりません。

 

委員会活動や

看護研究チーム活動なども

時間外に行われることがほとんどです。

 

プライベートでも仕事に費やす時間が

多ければ疲れてしまい、

委員会の活動などがない

小規模の病院に

転職したくなるでしょう。

同じ職場に長くいると刺激がなくなり疲れる

転職が当たり前の看護業界で、

新人からずっと同じ職場で

何十年も働き続けている看護師は、

稀な存在と言えるでしょう。

 

1つの職場に長くいることは、

慣れた環境で効率よく働ける

メリットがある一方で、

刺激がなく馴れ合いになる部分も

あるためマンネリ化しやすく、

モチベーション低下や疲労を

感じやすいというデメリットもあります。

 

マンネリ化を感じると

転職したくなるのは、

テキパキと早い展開を好む看護師に

多い傾向にあります。

 

看護師の転職理由1位はやはり人間関係だった

どの世代にも起こる問題が人間関係

職場の人間関係問題は、

いつの時代も転職理由ランキングで

堂々の1位でしょう。

 

労働している時間は

人生の3分の1を占めると

いわれていますから、

職場での人間関係に

問題がある場合は、

多くの時間を悩んで

過ごしてしまうことになるのです。

 

看護師の人間関係というと、

新人が先輩にいじめられて悩む…

という構図が思い浮かびますが、

そうとも限りません。

 

もちろん新人にとって

脅威になる先輩もいますが、

先輩にとって脅威となる後輩もいます。

指導しても響かない、

改善がない、

後輩ができないのは指導する先輩の責任…

という風習のある職場では、

先輩が新人に対して悩んでしまい、

教育を外れるために

転職するという話もあるのです。

 

チーム毎の派閥がある職場もあり、

立ち振る舞いに気をつけなければ

根も葉もない噂が立つこともあります。

 

絶えず誰かの悪口が

話題の中心になっている休憩室では、

一緒に昼食もとりたくありませんので、

雰囲気の良い職場に

転職したくなるのも当然でしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここでは看護師が

転職する理由の上位にあげられる

ランキング4つについてお伝えしました。

 

転職する理由は様々ありますが、

やはり上位にランキングされるのは

待遇や人間関係が多いようです。

 

転職理由に上がるのは

その職場の嫌なところですが、

言い換えれば次の転職先に

求める条件ともなるため、

ポジティブな言葉に変えて

志望動機や希望の条件として

面接等に使うのも手です。

 

弱みを強みに変えて、

転職活動を進めてくださいね!

 

 

ジョブデポ看護師の案内 ナースジョブ案内 マイナビ看護師案内